禁煙治療で用いられる禁煙補助薬について 詳しく説明します

@ニコチンガム(商品名 ニコレット ニコチネルミント)

tke72

ニコチン・レジン複合体をガム基材に含ませたもので
チューインガム状で
ゆっくりかむことにより ニコチンが口粘膜から吸収されます

ニコチンを口の粘膜から吸収することで
禁煙時のイライラ 集中困難などの離脱症状が緩和されます

吸収されるニコチンの量は
喫煙者が喫煙によって吸収するニコチンより少量で
急速な血中ニコチン濃度の上昇はみられず 安全に使用できます

tke71

また 口のなかで噛むので
ニコチン補充と口寂しさを 同時にまぎらわすことができます

さらに 使用量を徐々に減らすことで 無理のない禁煙が可能になります

tke73

効果発現までの時間が ニコチンパッチに比べて短く
はさみで切る 2個連続で使用する 噛み方を調整する などの方法で
ニコチン吸収量の調整がしやすいのも利点です

使用上の注意としては
不用意に長く使うと ニコチンガム依存になることがある
義歯の人は使いにくい
といったことがあります

副作用は
口内炎 のどの痛み はきけ 嘔吐 胸やけ 食欲不振 下痢などで
ときに 頭痛 動悸 顎関節症状の悪化も認めます

@ニコチンパッチ
(商品名 ニコチネルTTS ニコチネルパッチ ニコレットパッチ シガノンCQ)

一日に一枚 皮膚に貼ることで
ニコチンがパッチを貼った部位の皮膚から吸収され 離脱症状を緩和します

tke74

標準使用方法では 8週間の使用となっています

ニコチネルTTSは30 20 10と3種類のサイズがあり
それぞれ52.5mg 35mg 17.5mgのニコチンを含有しています

医師の指示に基づき 禁煙開始後 段階的にサイズを小さくしていき
小さくしていくことで 無理なくニコチンの量を減らせます

tke75

なお ニコチネルTTSは 医師の処方箋が必要ですが
ニコチネルパッチ ニコレットパッチ シガノンCQは 薬局で購入できます

ニコチンパッチに対して依存が生じることは ほとんどないとされています

副作用は
発赤 かゆみ等の皮膚症状があり
貼付場所を毎日変え 早めにはずす などの対処をします

ときに 夢 不眠が起こることがありますが
寝る前にはずすようにすれば大丈夫です

頭痛など ニコチンが多すぎる症状が起こるときがありますが
その場合は 1サイズ小さいものにします

ニコチンによる心血管疾患の発症に関しては ニコチンパッチは安全であり
心血管系の有害事象を引き起こすことはないとされています

しかし 心筋梗塞直後や 重篤なまたは不安定な狭心症の患者さんについては
これらの製剤の安全性は確立されていません

@パレクリニン(商品名 チャンピックス)

2008年1 月に承認された内服薬です

tke75

ニコチンを含まないタイプで
吸っても美味しくなくなる作用により 離脱症状改善作用を発揮します

脳内のα4β2 ニコチン受容体に結合し
部分作動薬(アゴニスト)として作用することで
ニコチン製剤と同様に作動薬としてドパミンを分泌させますが

ドパミンの分泌量が少ないため
禁煙にともなう離脱症状やタバコへの切望感を軽減させます

tke77

一方 服用中に再喫煙した場合には
拮抗薬(アンタゴニスト)としても作用し
α4β2ニコチン受容体にニコチンが結合するのを阻害し
喫煙から得られる満足感を抑制します

吸っても美味しく感じません

tke78

12週間までは保険適応で それ以降は自費になります

禁煙開始予定日の1週間前から服用開始し (この期間は喫煙してもよい)
最初の1週間は 徐々に服用量を増やしていきます

tke79

治療12週終了時の持続禁煙率は78.5%と報告されていて

アメリカの標準治療ガイドラインによると
プラセボ群と比較して3.1倍禁煙しやすい

国内臨床試験では 1.8倍禁煙しやすいことが報告されています

tke80

眠くなったり 意識障害が現れることがあるので
車の運転などの危険をともなう機械の操作は行わないようにします

副作用としては
吐き気 頭痛 腹痛 便秘 などがあります

嘔気は 服用し始めの1~2週間に最も多く
必要に応じて 制吐剤を処方したり 用量を減らします

統合失調症 双極性障害 うつ病等の精神疾患のある患者さん
重度の腎機能障害のある患者さん
血液透析を受けている患者さんには 慎重な投与が必要です

ニコチンパッチとニコチンガムの併用は
長期間の禁煙率が単独の場合より増加するとされていますが

ニコチン代替療法とバレニクリンの併用例では
高率に嘔気や頭痛などの副作用が認められたため
併用してはならないとされています

 

高橋医院