江戸時代は 寿司といえば 屋台

ちょっと小腹がすいたときに立ち寄り
立ったまま 好みのネタをササッとつまんで 
長居せずに立ち去る

これが江戸っ子の 粋な寿司の食し方

oos01

などとウンチクしてみせても
書き手は 立ち食い寿司は未経験でした

築地あたりには何軒か
屋台ならぬ立ち食い寿司屋さんがありますが

なんとなく落ち着かない気がして 
暖簾をくぐったことがありません

しかし 京橋にできたエドグランに 
立ち食い寿司のお店がオープンして

tgs02

なんとなく雰囲気が良さそうなので
人生初の 立ち食い寿司体験をしてみました

いちばん魅かれたのは 宣伝に書かれている

「お好きなネタを お好きなだけ」

という文言ですね



ネタの値段が表示されていないお寿司屋さんで
カウンターでお好みでお寿司をいただいているときは

懐具合も気になって
お好きなネタを お好きなだけ という平安な気分には
なかなかなれないものです(苦笑)

でも 立ち食い寿司屋さんでは 
ちゃんとネタの値段も表示されていて

tgs04

注文すると 
職人さんがササッと手早く握ってくださるので
お好きなネタを お好きなだけ を楽しめます

こういうのが 
立ち食い寿司屋さんのいいところですね!

書き手が大好きなネタは ヒカリモノ

tgs05

なかでも は大好物です

tgs06

以前に 鰯の炭火焼や 鰯料理専門店の話題も紹介しましたが
お寿司でも まず鰯を頼みます

そして をいただいて

tgs07

また鰯

それこそ お好きなネタを お好きなだけ 
の実践です(笑)

貝類も好物です

tgs08

ホッキ みる貝 赤貝 とり貝、、、

あ すみません 安いネタばかりで

tgs09

ウニ とか 大トロ とか 
そういうネタを注文した方が
お店にとっては 良いお客さんですよね(苦笑)

ちょっと脂の強いネタを食べたくなったら エンガワ

tgs10

美味しいです

お腹がいっぱいになってきたところで
お品書きに面白い名前のネタを発見しました

おじさん

はっ? そんな魚の名前 聞いたことがありません

板さんにうかがうと ヒメジの仲間の 白身魚とのこと

oos11

アゴ髭が伸びていて なんとなくおじさん顔なので
こんな面白い名前がついたそうです

tgs12

握っていただくと
コリッとした食感があり 
そこそこ脂ものっていて美味しかったです

tgs13

オヤジ おじさんを食べてしまいました(苦笑)

そして 〆はやっぱり ですね!

tgs14

いったい 鰯を何カンいただいたことやら

立ち食い寿司 なんとなく はまりそうです(笑)


そういえば 立ち食い蕎麦屋さんはあるけれど

江戸時代に三大立ち食い屋台の
一角を占めていたといわれる
立ち食い天ぷら屋さんは ありませんね

oos15

さすがに天ぷらは
ファーストフードという感じは
しないのでしょうか?(笑)
高橋医院