「尿が変な色をしているので心配です」

「このところ
 おしっこに泡がたつのが気になるんです」

そんな訴えで
当院に来られる方は少なくありません

urn01

そこで 尿について説明しようと思います

<尿はなぜ出来るか?>

普段 何気なく意識せずに出している尿ですが
尿には とても大切な役割があります

それは 
体内から害になる老廃物を排出することです

urn02

尿を作る腎臓には
1分間に1リットル 
1日に1.5トンもの大量な血流が運ばれています

運ばれた血液は 
腎臓の中にある糸球体という部分で ろ過され
尿のモト(原尿)が作られます

urn04a

この糸球体は 
腎臓の働きの中心的な役割を示すところで
さまざまな原因でここが痛んでくると
腎臓の病気が起こってきます

さて 腎臓では
血液を糸球体でいったんろ過して
尿のモトを作ると

尿細管という別の部位で
尿のモトから必要なものを再吸収します

尿細管で 
捨てるべきもの 再利用すべきもの
の鑑別を行っているのです

urn05

水分 塩分などの電解質は
99%が再吸収されますし

ブドウ糖 アミノ酸などの栄養素の多くも
再吸収されます

一方で
後述するアンモニアなどの老廃物は
そのまま尿に排泄されます

こうして最終的に尿が作られ排出されますが

urn05b

1日の尿量は1.5リットルで
*腎臓に運ばれた血液量の1000分の1
*糸球体で濾過された原尿の100分の1
にしか過ぎません

腎臓が いかに大変で重要な仕事をしているか
イメージできましたか?

urn05a

<尿を作る意義 尿の働き>

ヒトの体が尿を作る大きな意義のひとつが
体内の水分量を一定に保つことです

体内の水分が足りなければ
尿は濃縮されて出る量が減りますし

逆に水分が多ければ
尿はたくさん作られて
薄い尿が沢山出るわけです

urn06

このように 主に腎臓と脳が協力して
尿の量を調節して
体内の水分バランスを整えているわけです


もうひとつの尿の重要な意義が
老廃物の排泄です

尿には

*電解質
(ナトリウム カリウム カルシウム リンなど)

*代謝老廃物

などが含まれていますが

前述のように
電解質の多くは再吸収され
老廃物は捨てられます

老廃物に含まれるものは

*タンパク質が分解されて生じる窒素酸化物

*尿素 尿酸 クレアチニン(筋肉の崩壊物)
 ホルモンの分解物

*薬の代謝産物

などです

urn07

なかでも重要なのが 尿素です

なぜ 尿素が重要かというと

ヒトの体内では さまざまな場面で
有害なアンモニアが作られます

たとえば
食餌に含まれるタンパク質に含まれる尿素が
腸内細菌によって分解され
多量のアンモニアが産生されますし

脳などで生成され
血中を輸送されたグルタミンは
腎臓 腸管 肝臓などでグルタミナーゼにより
グルタミン酸とアンモニアに分解されます

こうして出来たアンモニアには
神経毒性があり

神経細胞のエネルギー産生を低下させたり
神経伝達物質を低下させたり
ひどい場合は 脳浮腫を来たしてしまいます

そこで アンモニアは
肝臓で尿素回路により尿素に変換され
尿素は水によく溶けるので
腎臓で尿中に排泄されるのです


urn08

ちなみに 尿を放置しておくと
尿中の尿素が微生物により分解されて
アンモニアになって臭います

このように 腎臓は
体でいちばん働く代表的な
老廃物の排泄器官であり

尿は 老廃物の排泄という
重要な使命を担っているわけです


 

高橋医院