今週は 全国的にお盆休みですから
(当院は通常通り診療しています!)

当ブログでも
お勉強シリーズもネコブログもお休みして

お盆休み特別企画 
これぞ”左利き”ブログの真髄だ!

を展開したいと思います(笑)

”左利き”って何だ? という方は 
こちらをご参照ください!


ということで
第一弾は蕎麦前のお話です

若い頃 お蕎麦屋さんに行ったとき

お年をめされた男性が お蕎麦を食べる前に
徳利とお猪口で日本酒を楽しまれる粋な姿を目にして

あ~ 格好良いなあ~ 
と思ったのを覚えています

年月が過ぎ 
書き手も充分に中高年となり
ときどきお蕎麦屋さんで
お酒を楽しむことがあります

特に お昼だと 幸せ感が増します(苦笑)

そんなときは
大人になったものだなどと
意味不明的に悦に入ったりするのですよ(再苦笑)

sbm00

何を飲もうかなと お品書きを開くと

蕎麦前 と書いてあるのですよ

sbm02a

蕎麦前か なんておしゃれなネーミング! 

と 感心してしまいます

蕎麦前を頼むと 色々な酒器ででてきます

一般的なのは 木のマスにお猪口が入ったもの
マスいっぱいまで 注いでね!(笑)

sbm03a

なみなみと注がれたお酒が 
お猪口に自然に落ちてくるような
こんな面白い酒器もあります

sbm03

徳利をつまんで手酌するのも良いですが
こういう酒器で楽しむのも 面白い!

冬は暖まるために 
燗のお酒をお願いすることが多いのですが

お猪口が冷えないように
こんな風に湯煎して出してくださる
お蕎麦屋さんもあります

sbm04


蕎麦前と一緒にいただくおつまみも お楽しみ

蕎麦みそ欠かせませんね

sbm11

焼きみそも美味しい

sbm05

ちびちびとつまんで 
お猪口と交互に口に運んでいると

あ~ 大人になったなあ~ 
と思います?(笑)

通な方は 
板わさ焼きのりでも楽しまれるようですが
まだ書き手はそのレベルには達していません

sbm06

ついつい 鰊の甘露煮出汁巻き卵など
ちょっとお腹に溜まるものを頼んでしまいます

ヌキ というのも ありますね!

天ぷらそばや鴨そばの そばを抜いたもの

お蕎麦の汁が入った容器に 
天ぷらや鴨肉だけが入っています

sbm09

これは上級な感じで 書き手はまだ頼めません

早く ヌキで一杯やれるようになりたい!(苦笑)


お蕎麦屋さんでのお酒のエピソードで 印象深かったのは
以前 焼酎を注文したときです

芋焼酎をお願いしたら 仲居のおばさまが

「うちは蕎麦屋です
 そば焼酎でお願いします」

と きっぱりと言われました

お~ 格好良い! 
と思いましたよ!(笑)

sbm10

そば焼酎を そば湯で割って 
少しそばつゆを垂らしていただく

それが
蕎麦屋での正しい焼酎の楽しみ方だそうで

はい まだまだ修行が足りませんです(苦笑)


高橋医院