コニャック アルマニャック も
ブランデーと呼ばれるお酒の仲間です

cva01

ブランデー とは
 果物を原料にして作られた蒸留酒 です

*白ぶどうを原料にしたのが 
 コニャック アルマニャック

*リンゴを原料にしたのが 
 カルヴァドス

*チェリーを原料にしたのが
 キルシュ などのチェリーブランデー

*木いちごを原料にしたのが
 フランポワーズ

*プラム スモモを原料にしたのが
 スリヴォヴィッツ
(これが美味しいのですよ! 個人的には大好き!:笑)

cva04

原料の果物の香りを楽しみながら 
強いアルコール度数も楽しむ

ブランデーは そんなお酒です


で 白ブドウを原料にして作られるのが
コニャックとアルマニャックですが
いったい何が違うのでしょう?

まず それぞれの産地が異なります

コニャックは 
フランス南西部 ボルドーの北に位置する 
コニャック地方

アルマニャックは
ボルドーのやや南にある
アルマニャック地方

cva05

そして いちばん大きな違いは 
造り方の微妙な差異です

ブランデーは
ブドウを醸造して出来たワインを蒸留して作ります

蒸留は 全ての蒸留酒造りの土台となる工程ですが

アルコール(78.3℃)と水(100℃)の
沸点の差異を利用して蒸留酒を作ります

つまり
ワインを加熱しアルコール分に富んだ蒸気を分離し
それを再冷却して
アルコール度数が約70%と高い液体を抽出します

cva06

この液体が 
コニャックやアルマニャックの原型で
この時点で既に強い香りはしますが 
まだ無色透明です


ちなみに
この蒸留を効率よく行うための装置が蒸留器ですが

アラブ人が中世の頃
金を造ろうと試行錯誤した過程で
(錬金術 と呼ばれています)
蒸留技術や蒸留器が開発されました

そうした努力のおかげで
世の左利きは 
蒸留酒を楽しむことができるようになりました

蒸留器を発明してくれたアラブ人に感謝です!(笑)

cva07


さて コニャックは
単式蒸留(約10時間)を2回行うのに対し

cva08

アルマニャックの蒸留は
半連続式蒸留で 
ゆっくりと時間をかけて1回行います

cva09

この違いが 風味に大きな差異をもたらします

一般に 蒸留の回数を重ねるほど
より雑味がとれたピュアなアルコールになります

ですから 
蒸留を2回行ったコニャックは
スムーズな口当たりになりますが

1回だけ 
それもゆっくりと時間をかけて蒸留したアルマニャックは
よりワイルドな感じに出来上がります

パンチが効いて 腰が強くて 
それでいて香りはフレッシュ

コニャックに何か物足りなさを感じていた書き手が
アルマニャックをいただいて

その違いに驚き とても満足できたのは 
こうした理由によるものでした


製造が始まったのは
アルマニャックは15世紀頃
コニャックはやや遅れて16世紀頃と言われ

蒸留の仕方も
アルマニャックの半連続式蒸留の方が伝統的で
コニャックの2回単式蒸留は 
半連続式蒸留を改良したものです

こうした蒸留方法により造られた 
コニャック アルマニャックは
その後 最低でも3~5年間 
オーク材の樽に貯蔵されて熟成されます

cva10

樽熟成も 奥が深い過程です

無色透明だった蒸留直後の液体が
琥珀色の 
複雑な香りと味わいを持ったお酒に変身できるのは
まさに樽熟成のおかげですが

このあたりについては 
明日以降 ウンチクすることにしましょう(苦笑)


さて 
アルマニャック コニャックは
3つの文化が融合してできた 
という説があります

*ブドウからワインを醸造した ローマの文化

spilit01

*蒸留の技術や器を開発した アラブの文化

spilit02

*樽熟成の方法を開拓した ケルトの文化

spilit03

そのどれが欠けても 
アルマニャック コニャックは出来なかったわけで

ダイジェスティブに 
一杯のアルマニャックを嗜みながら
それぞれの文化や歴史に思いを馳せるのも一興です

cva11

そんな エラそうなことを言ってるけど

単なる酒飲みの戯言でしょ?(苦笑)


高橋医院