前回 CKDにおける蛋白尿の重要性について説明しましたが
蛋白尿について もう少し説明します

@自覚症状が乏しい早期のCKDでは 検尿だけが発見の手段となり
蛋白尿の程度により 重症度が評価されます

随時尿での蛋白尿の評価尿中クレアチニン濃度で補正した量(尿蛋白/クレアチニン比(g/gCr))
で行い

*正常(0.15 g/gCr未満) 表の横軸のA1

*軽度蛋白尿(0.15~0.49 g/gCr) 表のA2

*高度蛋白尿(0.50 g/gCr以上) 表のA3

と 重症度が評価されます

(糖尿病では 蛋白尿の代わりにアルブミン尿で評価します)

ckd31

@なぜ尿に蛋白がでてくるか?

尿に蛋白が出る機序には 以下のようなものがあります

*慢性糸球体腎炎や糖尿病性腎症などの糸球体性病変による
糸球体の透過性亢進(主にアルブミンが漏れる)

*間質性腎炎などの尿細管障害による尿細管での尿蛋白再吸収の低下
(主にβ2ミクログロブリン α1ミクログロブリンが漏れる)

*骨髄腫などの血中異常蛋白増加により
糸球体での濾過量増大
尿細管での再吸収能を超える量の低分子蛋白の尿中へ漏出
(主にB-J蛋白などが漏れる)

*膀胱炎 腫瘍などの下部尿路疾患による血液の尿への混入

ckd32

@蛋白尿の病的意義

これまでの検討により 以下のことが明らかにされています

*蛋白尿を有する患者さんでは 尿蛋白が陰性の患者さんに比し予後は悪い

*蛋白尿の量が多いほど 末期腎不全になりやすい

*蛋白尿 血尿ともに陽性例(1+以上)は
10 年間で約3%が透析導入されている

ckd33

こうしたことから
尿蛋白 糖尿病での尿中アルブミンは CKDの予後の指標と考えられています

@生理的蛋白尿

激しい運動をした後 発熱の後 ストレスのかかったとき
起立したときなどでは
蛋白尿が一過性に陽性となることがあります

また 健康な人でも 尿中にわずかに蛋白が出ています

ckd34

したがって

*1日150 mg以上の蛋白尿が

*持続的に排泄されている場合

に 初めて病的な蛋白尿と評価します

ですから 健診などで蛋白尿の存在を指摘された場合は

*何回か続けて認められるか?

*早朝の安静時の尿でも認められるか?

といった評価を行い 病的意義の有無を判定します

@尿蛋白の検査法

試験紙法を用いて行いますが 外来で簡単に行える検査です

尿蛋白1+では30 mg/dL 尿蛋白2+では100 mg/dL
の量が推定され

尿試験紙法で1+以上は 尿異常として蛋白定量を行います

CKDを疑った場合は 試験紙法による蛋白尿定性を繰り返し検査します

ckd36

@血尿

血尿も 蛋白尿と並んで重要な所見です

顕微鏡的で観察される軽度の血尿は
蛋白尿とは独立した末期腎不全の危険因子であり

同程度の蛋白尿では 血尿を伴うほうが末期腎不全のリスクが増加します

ckd37

ですから
蛋白尿 血尿が両方陽性の場合 片方だけ陽性よりも要注意なので
必ず受診してください

また40 歳以上の無症候性血尿では
尿路系(腎臓や膀胱など)の悪性腫瘍の可能性が高いため 注意が必要です

 

 

高橋医院