厚労省は8/21に
2013年以来5年ぶりに 風疹が流行していると警告を出しました

fs0800

関東地方を中心に患者数は急増していて
今年の累積患者数は139人で すでに昨年1年間の93人を超えました

fs0801

特に 7/23(上グラフの30週)から患者数が急増して
1月からの累積患者数の60%弱が この1か月間で発症しています

そして そのほとんどが千葉県と東京都で発症しているのです

fs0802

また 感染者の7割が男性で 特に30~50歳の方が63%を占めています
(下のグラフの上段の 緑・紫色)

fs0803

こうした現象が見られるのには 理由があります

年齢や男女の違いにより 風疹ワクチンの接種状況が異なり
風疹の罹りやすさが異なるのです

fs0804

平成2年4月1日以降に生まれた方は
男女ともに風疹の予防接種を2回受けていますから
基本的に風疹にかかるリスクはありません

しかし
昭和54年4月1日から平成2年4月1日までに生まれた方は
男女とも1回しか予防接種を受けていないので
風疹にかかるリスクがあります

また
昭和54年4月1日以前に生まれた方は

男性は 一度も予防接種を受けていないので 感染リスクが大きい

女性は 昭和37年4月1日までに生まれた方は
中学生の時に1回だけ予防接種を受けていますが
それ以前に生まれた方は 一度も予防接種を受けていないので
いずれも感染リスクが大きい

ということで

平成2年4月1日以前に生まれた方
特に昭和54年4月1日以前に生まれた方

そのなかでも男性感染リスクがとても大きいので ワクチン接種が勧められています

以前に解説しましたが
大人になって風疹にかかると重症化する傾向がありますし

妊婦さんが妊娠の初期に風疹に罹ると
赤ちゃんに奇形が生じるリスクがとても高いのが問題です

fsn01

ですから 家庭や周囲に妊婦さんがおられる場合

特に感染リスクが高い中高年の男性は
自分が風疹に感染して 周囲の妊婦さんにうつすことがないように
是非 ワクチンを接種するようにしてください

fsn16

既に当院にも 奥様が妊娠されている男性で
心配で風疹抗体価を調べに来られた方がおられます

風疹ウイルスに対する抗体を有しているか(免疫を持っているか)どうかは
血液検査で4日ほどでわかりますので
心配な方はご相談ください

 

高橋医院