今日は CKDがどのようにして診断されるかという点と
その重症度分類を説明します

<CKDの診断>

CKDの診断基準は 以下のようになっています

*腎機能のGFRが 60 ml/分/1.73m2未満と低下している

*蛋白尿が認められる
・0.15 g/gCr以上の蛋白尿
・30 mg/gCr以上のアルブミン尿

このどちらか または両方が 3か月以上続くこと

ckd21

経過としては まず蛋白尿が出て 次第にGFRが落ちてきます

ですから 蛋白尿の段階で早期発見して 手を打つことが大切になります

<GFR・腎機能>

一般的に腎機能の評価は

*血中クレアチニン値 尿素窒素値

*糸球体濾過量(GFR)

で行われます

@クレアチニン筋肉中のタンパク質が分解されてできた老廃物で
ほとんどが糸球体で濾過されて 尿に排泄されます

ckd22

*腎臓の働きが低下すると 血液中のクレアチニンが増加するので
肝機能におけるAST ALTのように 腎機能低下の血液マーカーになります

*筋肉量が多いほど高くなるので
年齢 性別 体格差などで 値が異なり 個人差が大きくなります

@血中尿素窒素 BUNタンパク質の燃えカスで
尿に排泄されるので 腎機能が低下してくると
血中の値が高くなってきます

ckd23

*消化管出血 脱水などの 腎臓以外の原因でも増加するので
腎機能評価としての意義は クレアチニンより劣ります

@GFR

*腎臓の機能を示す指標です

*血液をろ過して尿を作る糸球体が
1分間にどれくらいの血液を濾過し尿をつくれるか
を表します

*値が大きいほど 腎臓の働きは良好ということです

@eGFR

*GFRを厳密に求めるのは煩雑ですが
血清クレアチニン値 年齢 性別から
下記の計算式でeGFRを求めることができます

*eGFR = 194 x 血清クレアチニン値1.094 x 年齢0.287
(ml/分/1.73m2)(女性は x 0.793)

*標準体表面積(体格を反映)1.73m2で補正し
筋肉量の多寡を反映させています

ckd24

*腎機能の指標として 広く用いられています

*健常人は100 ml/分/1.73m2ですが
CKDのステージが進むにつれ 徐々に低下していきます

*60未満だと 精密検査が必要になります

*短期間でなく 年単位での変化を評価することが重要です

<GFRと病期のステージ>

@ステージ1では 90以上と正常ですが

@ステージ2になると 60~89と軽度低下し
この時点では 自覚症状はありませんが タンパク尿 血尿が出てきます

@ステージ3では 30~59とさらに低下し
夜間頻尿 血圧上昇 貧血といった症状がみられます

GFR が45未満(ステージ3b)の状態になると
全死亡 心血管死亡
末期腎不全への進行 急性腎障害の罹患率が急激に増加し
尿毒症に伴う合併症も発症し始めます

@ステージ4では 15~29と高度低下し
倦怠感 むくみが出てきて 透析 腎移植の準備が必要となります

@ステージ5は 15未満の末期腎不全の状態で
食欲低下 吐き気 息苦しさ 尿量減少などの症状があり
透析 腎移植の適応となります

ckd25

<尿蛋白>

自覚症状が乏しい早期のCKDでは 検尿だけが発見の手段となります

随時尿での蛋白尿の評価は
尿中クレアチニン濃度で補正した量
(尿蛋白/クレアチニン比(g/gCr))で行い

*正常(0.15 g/gCr未満)

*軽度蛋白尿(0.15~0.49 g/gCr)

*高度蛋白尿(0.50 g/gCr以上)

と 蛋白尿の程度が評価されます

ckd26

<CKDの重症度>

CKDの重症度は

*GFR

*尿蛋白ACR(アルブミン/クレアチニン比)

の程度により分類され

CKDにともなう 死亡 末期腎不全 心血管死亡発症のリスクを
軽い方から重い方に
緑 黄色 オレンジ 赤の4段階で評価します

ckd28

また CKDとなった原因により 尿蛋白の評価の指標が異なり

*糖尿病では 尿アルブミン定量 または 尿アルブミン/Cr比

*糖尿病以外では 尿蛋白定量 または 尿蛋白/Cr比

が用いられます

糖尿病性腎症の解説で説明したように
糖尿病では 尿中蛋白よりもアルブミンの方が重要視されているからです

GFRは 上述したステージで5段階に評価され

尿蛋白は 多寡により
正常 微量・軽度 顕性・高度 の3段階で評価されます

そして GFRと蛋白(アルブミン)尿の程度の組合せにより
重症度が評価されます

GFRがステージ2より良ければ
尿蛋白が 正常なら緑 微量・軽度だと黄色 顕性・高度だとオレンジ

GFRがステージ3bより悪いと
尿蛋白の程度に関わらず オレンジ 赤になります

つまり GFRが正常や軽度低下の状態であっても
尿蛋白の程度により 重症度の評価は異なるわけで

このことからも 尿蛋白の重要性が示唆されます

 
高橋医院