今月初めにおしっこの話をしましたが
それに引き続いて今日から 尿を作る腎臓の病気の解説をします

読み手の皆さんは

慢性腎臓病 という病気を ご存知ですか?

Chronic kidney disease 略して CKD と呼ばれています

ckd01

そもそも 腎臓の病気そのものが あまりポピュラーではないので
一般の方には馴染みがないかもしれませんが
最近 特に 生活習慣病との関連から注目されています

<慢性腎臓病・CKDとは?>

@CKDは
腎臓の働きが徐々に低下してきてしまう さまざまな病気の総称で
単純にひとつの病気の名前を表すものではありません

ckd02

@2002年にアメリカ腎臓財団が提唱した 新たな概念で

*慢性的な腎臓病は 自覚症状が少なく 気付かれるのが遅いので
透析が必要なほど悪化して発見される人が あまりに多い

*そこで より早く発見して対処することの重要性を喚起したい

という目論見のもとに この病態概念が提出されました

@日本人成人の  8人に1人(13%)がCKDで
患者さんの数は1330万人ほどと 推定されています

ckd03

意外に多くの患者さんが おられるのですよ!

@重要なのは
糖尿病 高血圧などの生活習慣病が背景因子となって発症することが多く
生活習慣病の腎臓バージョン と見做されています

ckd04

だからこそ 生活習慣病が急増している現代社会において
CKDが注目され始めているのです

<症状と臨床経過>

@CKDは 自覚症状がないまま 徐々に腎臓の働きが低下してしまいます

*腎臓は その働きが半分くらいになっても無症状で
30%くらいまで低下しないと 自覚症状は出てきません

*つまり 症状がないのが最大の特徴で
 気づかないまま放置され 病気が進んでしまう例が多いのです

ckd05自覚症状がないので 健診などで尿や腎機能の異常を指摘されていても
 継続受診しない患者さんが多く
自覚症状が出て再度受診したときには
既に腎不全で手遅れなことも少なくありません

だからこそ CKDの怖さについて 認識していただきたいのです

@病態

*腎臓の中心的な働きを行っている 糸球体 という
血液をろ過して尿を作る部分がゆっくりと壊れていくのが その病態です

ckd06

*糸球体の毛細血管が傷つくことなどが原因で起こり
その毛細血管のダメージには
高血圧 糖尿病 脂質異常症 肥満 などが関与しています

*糸球体が障害されると
 タンパク尿が出る 
 → 徐々に腎機能が低下する 
 → 腎不全になり透析に至る
という経過をとってしまいます

@臨床経過

*腎障害が進行すると 尿毒症の症状が出てきます

尿毒症とは 腎機能障害のために
老廃物や余分な水分が排泄されずに体内に溜まってくる状況で
吐き気 かゆみ だるさ むくみ などの症状を認めます

ckd07a

*また 腎障害の進行にともない
腎臓で産生されるレニンという血圧を上げるホルモンの分泌が高まるため
高血圧になり 動脈硬化が進み 腎血流量が減るので
ますます糸球体の毛細血管が壊れていく という悪循環が形成されます

*最終的には末期腎不全になり 透析導入 腎移植が必要となりますが
透析患者さんの数は27万人で 年間1万人ずつ増えているのが現状です

ckd08

<心血管疾患のリスクファクターである>

@CKDが危険なのは 心血管疾患発症の危険因子であるからです

*CKDの患者さんでは
心筋梗塞などの心血管疾患の発症リスクが3倍も高まります
腎機能が低下すればするほど リスクは高くなるのです

ckd09

*CKDの特徴である 蛋白尿・アルブミン尿は
心血管疾患発症の独立した危険因子で
蛋白尿の増加に従って リスクは高くなります

*特に 糖尿病や高血圧を原因とするCKD患者さんでは
腎炎を原疾患とするCKD患者さんよりも 心血管疾患発症リスクが高いことが
明らかにされています

@CKDと心血管疾患の危険因子の多くは共通しています

*CKDは動脈硬化の進行により生じますし それ自体が動脈硬化を促進します

*また CKD患者さんでは
高血圧 脂質異常症 睡眠時無呼吸症候群などの
心血管疾患のリスクを高頻度に有しています

*さらに 心血管疾患患者さんはCKDを合併する頻度が高く
CKDは 心血管疾患の独立した予後規定因子になっています

ckd10

こうしたことから
心血管疾患患者さんでは CKDの有無を確認する必要があります

 

高橋医院