CKDの治療の柱のひとつが 日々の食事療法です

ckd91


<エネルギー摂取量>

エネルギーが多すぎると CKDの原因となる肥満が助長され
糖尿病などのリスクも増えます

一方 少なすぎると エネルギー維持のために筋肉が壊され
血中の尿素窒素などの老廃物が増え CKDが悪くなってしまいます

ckd92

多すぎず 少なすぎず

体重の変化と相談しながら 適切な量のエネルギーを摂取することが肝心です

<食塩制限>

食塩を摂りすぎると 血圧が上がり CKDが悪くなりますから
塩分の制限は とても大切です

高血圧と塩分摂取の項で説明しましたが
日本人の1日の塩分摂取量は10gと多いのですが

CKDでは1日6g未満を目標とします

ckd93

食塩制限すると 降圧薬の効きが良くなるという利点もあります

但し 極端な制限で 1日3g未満にすると
低ナトリウム血症になって危険なので 注意が必要です

具体的な対策としては

*めん類の 汁 つゆは飲まない
*醤油は かけずに つけるようにする
*汁ものは 具だくさんにして 飲み干さない
*味付けの濃いおかずを減らす
*加工食品を食べ過ぎない
*ラーメン 牛丼 親子丼などは それだけで7gいくので要注意
*梅干し 漬物 干物・シラス・魚卵系を食べ過ぎない

といったことがあげられます

塩分の多い食材やメニューを避けるとともに
醤油などの調味料の使い方に注意することが大切です

ckd94

<タンパク質制限>

タンパク質が分解されると 尿素などの老廃物ができますが
腎機能が低下していると排泄されず 血中値が上がり尿毒症になります

ckd95

ですから 腎機能の低下が見られ始めたら タンパク質制限が必要になるのです

タンパク質制限により 腎機能の回復はできませんが 進行は止められます

CKDのステージにより 制限の程度が異なります

*1~2では 過剰にタンパク質を摂らないようにする

*3では1日に0.8~1.0g

*4~5では 1日0.6~0.8g

に制限します

ckd96

タンパク質の量だけでなく 質も重要です

体内で合成できない必須アミノ酸の摂取が不足すると
体の働きに色々と支障が出てきてしまいます

そこで 必須アミノ酸をバランスよく含んだ食品の摂取が必要になります

*肉 卵 乳製品

*大豆

などを より選択して食べるようにしてください

一方で むやみにタンパク質摂取量を減らすと エネルギー不足になり
エネルギー補充のために筋肉が壊されて
尿素窒素が増えて CKDが増悪してしまいます

そこで 炭水化物や脂質でエネルギーを補う必要が出てきますが
炭水化物を摂りすぎると 肥満や糖尿病のリスクが高くなり
それはそれで CKDを悪化させてしまいます

ですから 上手にタンパク質摂取量を減らす工夫が求められます

具体的な対策としては

*タンパク質を含む食品の摂取量を 現在量の2/3程度に抑える

*主食を
低タンパク質のタンパク質調整食品の ごはん パン めん類などにして
その分 おかずを減らさない

ckd97

*アミノ酸スコアが高い肉 魚 卵はなるべく減らさない

といったことが大切です

<カリウム制限>

腎機能が低下すると
カリウムの排泄が低下して 血中カリウム値が上昇しますが
カリウム値が増加すると 危険な不整脈が出て危険です

ですから CKDではカリウムの制限も必要になります

ckd98

具体的な対策としては

*タンパク質を減らすとカリウムも減ってくるので タンパク質摂取を減らす
*野菜や果物はカリウムを多く含むので 食べ過ぎないように気をつける
*肉や魚は下ゆでするとカリウムが減る
*野菜はゆでる 切って水にさらす

カリウムは水に溶けるので 水にさらされると減ってくるのです

<食事療法を持続することの困難さ>

現実的には これまで説明してきた食事療法は
「言うは易し 行うは難し」で 持続はなかなか困難です

*自覚症状がないので 食事療法の必要性がわからない 感じられない
*うまく作れない
*薄味で不味くなり口に合わない

患者さんの多くはそのように言われます

そうした場合の対策としては

*宅配食品などを利用する
*医療機関の管理栄養士に相談する

といったことがあげられます

食事療法は 日々の地道な積み重ね が大事で
それによりCKDの進行を食い止めることができます

是非 頑張っていただきたいと思います

 

高橋医院