AI社会とネコ型人間 の続きです

興味深いことに最近の若者は 
隠れネコと言われているそうです

nst61

シャツのポケットに隠れたニャンコ?(笑)

彼等は
入試や就職に有利なのでイヌ型行動をしているけれど

意識や態度はむしろネコ型で
イヌの仮面をかぶった隠れネコ なのだそうです

nst62

こうした傾向は1990年頃から目立ち始め
自分が興味を持つことを自由にやりながら
自己啓発する志向が強まり
集団主義から個人主義に急速に変化しつつあるそうです

自分で決めて 自分で責任を負う
自己決定の価値観が強くなってきている

優秀な学生が大企業に就職せず
自分で起業したり
ベンチャー企業に就職することも増えてきました

イヌ型社会では敬遠されてきた転職を良しとする人が
1/3を越えているそうです

いわば マイペース型個人主義
自分のペースで働き生活することを重視する価値観です

まさにネコ型の価値感」で生きようとしているのです

nst63
面白いですね

どうして そうした変化が起こり始めたのかな?

そして 若者のネコ化に
旧来のイヌ科社会から抜け出せないオジサマたちは
さぞかし困惑していることでしょう

まったく最近の若いものは!
なんていう愚痴が聞こえてきそうです(笑)

では どうやったら ネコ型人間を育てられるか?

典型的なネコ型社会で
人々が自分の個性を前面に出し
人格の自由を主張しながら誇り高く生きている

そんなフランスの教育現場に
ネコ型人間の育て方を探ってみると

nst64

教育で大切にされているのは

*自分の意見を主張する姿勢を尊重する

*イエスマンになるのを否定する

*ノーと言うことを覚えさせる

といった点で

意見を述べ合いながら
その過程で互いにリスペクトする気持ちが
生まれるようになるそうです

そして 教師たちは

*多様な選択肢のなかから自分で選択させ
 選択に責任を持たせる

*決して強制しない

というスタンスを貫いています

なんと 幼稚園から
そうした教育が行われているそうで
フランスのネコと議論するのは(?)
やめておいた方がよさそうですね!

nst65


さて 日本の現代の隠れネコ若者の話に戻りますが

彼等はネコ型人間の習性として

夢や目標が抱け 自分で納得しないと
本気でやろうとしないそうです

イヌ型社会で行われていた
「理屈抜き 理不尽」は通用しません

nst66

そこで

魅力的な夢や目標を持たせ
どうすればたどり着けるかを理解させることが

隠れネコを本物のネコにさせるための
ポイントになります

そのために再度登場するのが 遊び感覚 です

既に紹介したように
直感を最大限に発揮させるのは
遊び感覚のモチベーションです

そして 鋭い直感を働かせるには
五感に直接働きかける眼に見えない情報が重要です

自然や芸術は
そうしたアナログ情報をたくさん含むので
直感を養い遊びのモチベーションを刺激するのに
最適です

異質で変化する環境を用意して
そうした情報に接する機会を持たせることが
ホンモノのネコ型人間を育てるのに
必須なことのようです

nst67

うーん これまでの人生を振り返って
どっぷりとイヌ型社会に浸かってきたと
感じている書き手には
そうした教育や社会はとても魅力的に感じられます

オヤジも「ネコ転」できないかな?(苦笑)

 

高橋医院