イランの酒飲みの話をしたので
今日はイスラム教の食に関連した話題を提供します

多くの日本人にとってイスラム教
他の宗教に比べてなじみが薄いと思いますが

それでも最近は 世界のグローバル化にともない
日本に住むムスリムの方や 
日本を訪れる旅行者の方が増え
大きな空港や駅では
彼等がお祈りをする場所が作られているようです

halal01

そして
イスラム教の宗教上の戒律に適応するための
ハラールビジネスが
最近は日本でも盛んになってきていますが
そこには大きな落とし穴がある

とニューズウイークが伝えていました

ハラールビジネス

そんな言葉は聞いたことがない方も多いかと思いますが
イスラム教徒が必要とする
宗教的に許された商品やサービスを
扱うビジネスです

halal02

イスラム教の聖典コーランには

*豚肉を食べてはいけない

*酒を飲んではいけない

といった 飲食に関する制限の教えがあります

halal03

また 飲食だけでなく
服装や日用品の使用などに関しても 一定の規律があります

ハラールは
「教義上 合法なもの 許されたもの」とされますが

何がハラールなのかという議論には
少し厄介な点があるようです

イスラム教徒同士の間では その答えは 
属する社会や文化 個人の見解によって異なる場合があり
そうした違いは長らく許容されてきたそうです

halal06

しかし イスラム教信者が世界中に移動するようになり
イスラム世界とは異なる文化のなかでも
生活するようになった現在

東南アジアを中心に
ハラールを認証するというビジネスが
生まれるようになりました

特に 食品に関するハラール基準が行われるようになり
その傾向は日本でも目立ってきていて
2020年の東京オリンピックを控えて
そうした動きが著明です

具体的には

コーランで禁忌とされる豚肉を含まない食品を
公の機関や団体に認証してもらい
イスラム教徒を対象に販売するビジネスが代表的です

halal04

しかし 日本のイスラム教の専門家の間では
そうしたハラールビジネスに対する
批判的な意見も聞かれるそうです

というのも

イスラムの教義は
神と人間の一対一の契約が基本で
両者の間には何も介在してはならない

ハラールの基準は 神のみが決めるもので
ヒトがそれを認証しようとするのは
神の大権の侵害である

というのです

うーん 理屈はわかりますが
ちょっと厳しすぎないかな?

いい加減な書き手は
不謹慎にもそうも感じてしまいます(苦笑)


一方で

ハラールビジネスでの認証基準があまりにも偏狭で
許されたものの範囲が狭すぎる

という指摘もあります

halal07

上図に示されたような
豚肉由来の成分が入った食物の摂取や
そうした成分と接触した商品まで認めないといった
必要以上に厳しい認証基準は

若者のイスラム教徒の間に
「ハラール潔癖症」とも言えるような
過敏な人たちを増やしているそうです

そして そうした傾向は
イスラム教徒間
イスラム教徒とそれ以外の人々の間に
無用な分断を起こしかねないと
危惧される方もおられるようです

確かに最近は大きなスーパーなどで
ハラール食品を見かけることがありますが
その背景にこうした問題があるなんて
思いもよりませんでした

ちょっとびっくりです!

宗教上の事柄はとてもデリケートな問題なので

ある宗教の外側にいる人は
その宗教の信者の人々が日々の生活で困ることがないように
善意の気持ちで対処することが多いと思います

特に 生活の基盤のひとつである食生活に関連する事柄は
真っ先に解決すべき問題として対処しがちです

halal05

ただ
それがビジネスとして単純にマニュアル化してしまうと
上述したような問題が起こりかねない

ということなのですね


書き手は 無宗教ですが
どんな宗教であっても
それは大切な民族の文化だと思っています

ただ 宗教が原理主義に結びつき
それが排他主義に発展するのは
とても危険なことだとも考えています

今日ご紹介した記事で気になったのは
過度な規制が原理主義を生みかねないという指摘でした

これはどんな宗教でも 起こり得ることなのでしょう
歴史が教えてくれます

世の中 難しいですね

あなたの知らない世界に気づかせてくれた記事でした

 

高橋医院