マッチョな牛

geed01

マグロのように大きな鯛

geed02

そんな牛や鯛 美味しいのかな?

書き手は正直言って そう思ってしまいますが
将来 そうした牛や鯛が
食卓を賑わすことになるかもしれません

読み手の皆さんは
ゲノム編集」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?

geed03

今世紀最大の科学的発見で
ここ数年以内にノーベル賞を獲ることが確実視されている

遺伝子を容易に自由に改変する技術です

マッチョな牛もマグロのような鯛も
この技術によって生み出されます

そんなホットな話題の「ゲノム編集」について解説します


<ゲノム編集とは?>

特定の遺伝子を特異的に破壊したり
そこにレポーター遺伝子のノックイン等を行う
新しい遺伝子編集・改変技術です

特定の遺伝子を 狙い撃ちして 操作できる
のが最大の特徴で

*簡単に 短時間で出来る

*人を含めた あらゆる種の遺伝子に対して出来る

*成功率が非常に高い

といった利点を有しています

これまでには存在しなかった破格な技術で
人間の設計図である遺伝子を
容易に書き換えてしまうことが出来る

しかし 使い方を誤ると
大変なことになってしまうリスクがあります

ヒト受精卵に対してゲノム編集を行うと
改変された遺伝情報が次世代に伝わってしまい
大変危険である

それ故に
科学者だけでなく 生
命倫理の研究者 一般社会の人も含めた
使い方に関する社会的なコンセンサスづくりが
必要とされています

geed04

しかし なぜこの技術が 
それほどびっくりするような代物なのか?

ピンとこない方が多いと思います

そこで 遺伝子変異 という現象が
一般的にはどのようにして起こるかを説明をします


<農作物や家畜の品種改良と遺伝子の変化>

生物の世界では 偶然に生じる遺伝子の変化が
長い年月のなかで少しずつ積み重ねられてきました

具体的には

*DNAを構成する塩基のひとつが入れ替わる(点突然変異

*DNAの一部がなくなってしまう(欠失

といった現象です

geed05

植物や家畜などで遺伝子変異が起こると 
その形質(外観や機能)が変化する

そのことに気がついた人類が
交配を重ねて農作物や家畜の品種改良を行ってきたのです

geed06

たとえば
牛のホルスタインは
もともと自然界には存在しませんでしたが
長い年月をかけた交配により
理想的な乳牛を得ることができたました

ただ この結果を得るには 
数百年という年月がかかりました

遺伝子変異は
基本的には自然に突然変異が起こって生じますが

遺伝子の突然変異が
有効な品種改良を起こすことに気付いた科学者たちは
人為的に遺伝子変異を起こす方法を考え始めました

そして
放射線や化学物質を用いた
人為的な突然変異誘導が行われてきました


geed07

さらに 遺伝子工学の進歩にともない
遺伝子そのものに直接手を加えて
人為的に遺伝子変異を起こそうとする
遺伝子組換えという試みが開始されました

geed08

話を続けます

 

高橋医院