久し振りにシュングルマンさんに行きました
sgb01
お肉にこだわるお店で 
こんな”お肉てんこ盛り”が有名です
sgb02
このプレート
隣のテーブルの肉食女子3人チームが
楽しんでおられましたが
かなりの迫力でした!(笑)

でも 書き手たちは定番を頼まず
想定外のものをいただくことに

だって メニューに
こんなリストを発見したのだもの!
sgb03
食材に秋を感じる ジビエ!

4本足シリーズは 鹿 猪 熊

2本足シリーズは 雷鳥 鳩 ウズラ 鴨 シギ

うひゃー まさにジビエなラインアップ!

3人で行ったので
鹿 猪 熊 を全部トライしようと思いましたが

お店の方から
ボリュームがすごいので
2種類にしておいた方が無難ですよ
とアドバイスされました


まずは バーニャカウダ
sgb04
野菜が新鮮で美味しかった!


そして 馬肉のタルタル!
sbg05
見た目はきれいですが しっかりと生馬肉なのですよ!
sgb06
少しマスタードの効いたソースで和えてありましたが
コリコリとした食感 生々しい舌触りもあって
おー しゃれた馬刺し! という感じ(笑)


そして 
sgb07
よなよなエールのIPA・インドの青鬼で煮込んであるそうで
IPA好きの書き手は それだけで魅かれます!(笑)
sgb07a
見た目は豚の角煮のようですが
まあ猪も豚も親戚ですからね(笑)

猪というと 以前にぼたん鍋をいただいたことがあり
ちょっとワイルドな肉の香りが気に入りましたが
sgb07b
今回は意外に匂いがありませんでした
ビールでしっかり煮込んでいたからでしょうか?
sgb08
外観だけでなく 
味わいも豚に近い感じがしましたが
豚よりもしっかり噛み応えがあって
脂身に味があって美味しかった

合わせたのは 
南西フランス・ラングドックの赤ワイン

ボルドーやブルゴーニュのお上品ワインだと
ジビエに負けてしまいますが
スパイシーで濃い味わいのラングドックなら
素敵なマリアージュ!
sgb08a

そして ヒグマ!
sgb09
一見 大きなハンバーグのように見えます


熊をいただくのは初めてです!

マタギになった気分?(笑)
sgb09a
で カットすると断面はこんな具合
sgb10
意外にパサパサした食感で 
脂はほとんど感じません

なんだか「肉の塊!」という感じで 
歯応えがしっかりとあり

口の中で噛みこんでいくうちに
控えめだけれどしっかりした旨味が
ジワジワと滲み出てきます
sgb11
牛や豚とは 食感も味も全然違っていて
”おー ジビエしています!”
という実感に溢れました(笑)

これまで味わったことがある  
鹿や鳥類などと比べて
よりワイルドな感じがありました!


しっかりとジビエをいただきましたし
食後酒ビギナーの方もいたので

お勉強も兼ねて 
消化のためにダイジェスティフ!(笑)
sgb12
右から

サッシカイアのグラッパ エレガント!

ラフロイグ 懐かしい海の潮の香り!

熟成ポート いつも思うのですが 
ミリン! ですね(笑)

あと 酔っぱらって写真を撮るのを忘れましたが
ラフロイグとの飲み比べで
マッカランもいただきました(苦笑)


良い気分でお店の外に出ると
霜月の満月の夜は冷えていましたが
ジビエのおかげで 体が暖まった感じがしました
sgb13
で いつも賢い糖尿病専門医さんは
寝る前に胃薬をちゃんと飲まれたそうですが

酔っぱらいの書き手はもちろんそんなことはせず
翌朝 胃もたれと脱水で目が覚めました

ダイジェスティフを勉強された方は
朝起きたら 
胃の中にまだ熊がいらしたそうです(笑)

しこたま飲んだダイジェスティフの
効き目はなかった?(苦笑)

ところで 馬もジビエ?(笑)
 
高橋医院