外国人から見た 日本文化のおかしな点

前回は茶道と相撲について論じられましたが

今回のお題は 

お笑い

日本のお笑いについて論じるのは
テレビで見かけることが多いタレントのパックンさんです

stw01

彼はハーバードで比較宗教学を学んだ経歴の持ち主です

比較宗教学 面白そうですね!(笑)

さて パックンは日本に来た当初
日本のお笑いの面白さが全く分からなかったそうです

そんな彼が やがて日本でお笑いの道を進むことになるとは
なかなか面白いのですが


それはさておき

パックンが「コメディーの原点」と自負するアメリカでは

芸人さんはひとりで
権力者やセレブを突き落とすようなネタを語り

そうした ”体制に歯向かう芸風” は
健全な民主主義のために不可欠な存在だと
考えておられるそうです

うーん お笑いと民主主義が結びつくとは
思いもよりませんでした(笑)

ちなみに そうした芸人さんは
Politicl comedian と呼ばれるようですね

stw02

だからパックンは

一発ギャグやリズムネタばかりが目立つ
日本の芸風の面白さは
全く理解できなかったし

ボケと突っ込みの両者がいないと存
在できない漫才という形式にも
違和感を覚えたそうです

stw03

なるほどねえ

確かにアメリカでは アカデミー賞授賞式などで
有名なコメディアンさんが
ひとりで司会をして舞台進行を取り仕切っていますが

彼等が聴衆の笑いをとるネタは 
往々にして 日本人にはその面白さが理解できないような(苦笑)
きわどいものが多いそうで

stw04

パックンは
この点でも日米のお笑いの大きな差異を感じていて

日本ではネタの禁止領域が広すぎる と指摘します

アメリカの芸人は
人種や宗教の違い 下ネタなどを題材にすることが多いのに
日本では そうしたネタは使えない と言うのです

stw05

日本では民族や宗教の多様性が少ないし
国民性が上品だから仕方ないのかもしれないと

誉めているのか 揶揄しているのかわからない(笑)
そんな解釈をされていますが

それにしても強い制約を感じる と言われます

日本では 言論の自由は保証されているし 禁止事項もないのに
どうして風刺ネタがほとんど出てこないのか?

それは
目に見えない一線を越えた時の制裁を 肌で感じているからだ

と 指摘します

stw06

一線を越えた風刺を行うと

stw07

企業は怒り そのために広告が無くなり
政治家が怒り そのために取材が行えなくなったり
規制法案が検討されたりもする

stw08

それが日本のテレビ業界で
お笑いや芸人が置かれた立場なので
日本のお笑いは
政治や社会的問題に触れることはほぼ皆無

欧米では 
ほぼ毎日 テレビで政治系お笑い番組が放送され
芸人が権力者を物笑いにして
国民と体制のパワーバランスに貢献し
社会のご法度に触れ 議論を広げる役割を担い
大きな影響力を発揮している

そんな状況とは好対照だと パックンは語ります

stw09

そして 議論をこんな風に話をまとめます

日本は忖度の国で 体制側からの圧力はスゴイから

体制や規範にチャレンジするようなネタで笑いをとる
アメリカンスタイルの芸風でなく

人を傷つけない 怒らせない 
平和的なお笑いをとる芸風が 成熟しているのだと

最後は ずいぶん好意的にまとめてくれましたが

パックンが指摘したように

確かに日本のお笑いは 
食い足りないというか 刺激がないと
書き手も思います

見聞きして”ニヤッ”と感じるタイプのお笑いが少ない

だから個人的には
あまりテレビでお笑い番組を見ないのかもしれません


一方で 社会規範やモラルに対する批判は
SNSなどのアンダーグラウンドな世界では繰り広げられ
その過激さには目を見張るものがある と聞きます

こうした両極端な状況は どうも不健全な気がします

政治や社会問題を上手に揶揄して笑いをとるような芸風が
日本でも成熟してくると良いなと
ひねくれ者の書き手は思ってしまうのですよ(苦笑)

 

高橋医院