最近 当院には

「麻疹(はしか)の予防接種はできますか?」

という問い合わせが 大人の方から何件かきています

沖縄で麻疹が流行していることが ニュースで報じられていますし
先日は 厚労省からワクチン接種の勧めが呼びかけられました

msn01

そこで 急遽 麻疹(はしか)について 解説します

<麻疹とは?>

麻疹は 麻疹ウイルスによって引き起こされる 急性の全身感染症

msn02

感染経路は 空気感染 飛沫感染 接触感染

ヒトからヒトへ感染が伝播し
その感染力は 他のウイルスに比べ非常に強いのが特徴です

msn03

麻疹に対する免疫を持っていない人が感染すると ほぼ100%発症します

麻疹は感染力が強く 空気感染もするので
インフルエンザなどと異なり 手洗い マスクのみで予防はできません

msn04

ちなみに書き手は 亡き父が小児科医をしていたので
小さいときに 麻疹のお子さんの患者さんが来院された際に
診察室に連れていかれ 強制的に感染させられた記憶があります

msn05a

まさに 空気感染で 感染させられたわけですね(笑)

<流行>

毎年春から初夏にかけて流行が見られ

発症する患者さんは 0~1歳が中心ですが
最近は 20歳以上の成人例の割合も増加しています

msn12

かつては 小児のうちに麻疹に感染し 自然に免疫を獲得するのが通常でしたが

後述する麻疹ワクチンの接種率の上昇で
自然に感染する人は 少なくなってきています

このように 麻疹そのものが減っているので

ワクチンを1回接種しても
その後の感染者との接触による免疫強化(ブースター効果)が得られず
時間経過とともに免疫が徐々に弱まって来ている人がいるため
成人での発症が増加している可能性があります

平成27年3月 世界保健機関西太平洋地域事務局により
日本は 麻疹の排除状態にあることが認定されました

msn05

しかし その後も
海外からの輸入例を発端として 集団発生事例は起こっています

東南アジアなどからの帰国者や訪日客が持ち込む例が
相次いでいるのです

2018年の動向としては
海外から訪れた人が感染源となって
麻疹にかかる人が  沖縄を中心に急増しています

台湾からの旅行者が感染源で
訪日前にタイを旅行しており そこで感染したとみらます

4月20日時点で
沖縄県内でこの旅行者と接触のあった人 その家族 同僚など
患者数は計67人に上り 沖縄に行った名古屋市の男性も麻疹と診断されました

msn06

そのため 人の行き来が増える連休に感染が広がる恐れがあり
専門家は適切なワクチン接種を勧めている状況です

<症状 臨床経過>

@潜伏期

感染すると 約10~12日の潜伏期を経て
発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が出現します

msn07

@カタル期

2~3日熱が続いた後
39℃以上の高熱 倦怠感 咳 鼻水 くしゃみ 咽頭痛 結膜充血
などが出現し  2~4日間続きます

この時期は 最も感染力が強いので 要注意です

msn08

カタル期の後半 発疹出現の1~2日前には 口の中の奥歯の対面の粘膜に
隆起した1mmほどの白色斑点(コプリック斑)がみられるのが特徴です

msn10

@発疹期

カタル期の発熱が1℃ほど下降したあと
半日ほどして再び39℃以上の高熱が出現する 二峰性の発熱がみられます

それと同時期に 特有の発疹が出現します

msn09

発疹は 耳後部 頸部 前額部から始まり
翌日には 顔面 体幹上腕 2日後には 四肢末端に及びます

初めは鮮紅色で扁平 徐々に隆起して 融合して不整形な斑丘疹になりますが
一部には健常な皮膚も残ります

発疹が全身に広がるまで 39~40℃の高熱が3~4日間続き
症状はカタル期もよりも ひどくなります

やがて発疹は 次第に暗赤色となり 出現順序に従って退色します

@回復期

発疹出現後 3~4日すると解熱し 全身状態も改善してきます

発疹は退色しますが しばらく色素沈着が残ります

@合併症 予後

肺炎 中耳炎を合併しやすく
患者1,000人に1人の割合で 脳炎が発症すると言われています

死亡する割合も 先進国であっても1,000人に1人と言われていますので

はしかは 命の危険も伴う 意外に侮れない疾患と言えます

msn11

その他の合併症としては
10万人に1人程度と頻度は高くないものの
麻疹ウイルスに感染後 特に学童期に
亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という中枢神経疾患を発症することもあります

@麻疹を疑うポイント

麻疹の患者さんとの接触の有無 が重要で

*症状が出現する10~12日前に 麻疹患者さんとの接触があったか?

*人が多く集まる場所にいかなかったか?

*麻疹が流行している国に行かなかったか?

初期のカタル期でみられる 普通の風邪と似たような症状があり
上記の条件にあてはまる方は
麻疹の感染を疑い 早目に医療機関に連絡してください

<治療>

残念ながら 麻疹に特異的な治療法はありません

発熱などの症状を和らげる治療が中心になります

また 感染から回復期までの1か月間は 免疫機能低下を招くので
細菌の二次感染に注意が必要です

最大の防御策は 平時のワクチン接種です

ワクチンについては 次回 詳しく説明します

高橋医院