麻疹(はしか)の解説を続けます

<ワクチン>

麻疹は ワクチン接種 最も有効な予防法 といえます

msn21

麻疹の患者さんに接触した場合は
72時間以内に麻疹ワクチンの接種をすることが効果的と考えられています

@効果

麻疹含有ワクチン(主に接種されているのは 麻疹風疹混合MRワクチン
の接種により
95%以上の人が 麻疹ウイルスへの免疫を獲得できると言われています

msn22

@2回接種

ワクチンは 2回接種するのが良い

1回だけでは 約20人に1人(5%)は免疫がつかないことあり
2回接種を受けることで 1回の接種では免疫がつかなかった方の多くに
免疫をつけることができます

具体的には
ワクチンを1回接種することで 95%の人に免疫がつくとされていますが
2回接種により 99%以上の人に免疫がつくとされます

また 接種後の年数の経過とともに 免疫が低下してきた人に対しては
2回目のワクチンを受けることで 免疫を増強させる効果があります

msn23

実際に 近年は麻疹含有ワクチンの2回接種が行われ
麻疹に感染する方の人数は減っています

また 不幸にも感染された方は
ワクチン未接種 接種歴1回の人が多く
2回接種者からの発生はありません

このように 2回接種の効果は 確実に顕れています

@接種時期

2006年度から 定期接種として

*1歳児と

*小学校入学前1年間の 

幼児の2回接種制度が始まりました

msn24

しかし それ以前に生まれた方は
はしかに感染していなければ 免疫が十分でない恐れが強く
幼少期にかかったことがある人も 免疫が持続しているか定かではありません

また ワクチンも1回接種だけでは 免疫が充分でない可能性もあり
記憶に頼らず抗体検査で免疫の有無を確かめることが大切です

@麻疹に対する免疫があるかどうか明らかでない場合

上述したように

*小さい頃に麻疹にかかったことがあるかわからない

*ワクチンを接種したか 2回やったかわからない

という方は ワクチン接種をお勧めします

たとえ過去にかかったことがある人がワクチン接種をしても
副作用は増強しませんし

経年変化により弱ってきている免疫を
ワクチン接種により 再活性化させる効果もありますから

ワクチン接種を躊躇する必要はありません

msn26

@定期接種対象者以外で ワクチン接種を受けた方が良い人

定期接種の対象者でない方で

*麻疹にかかったことがない

*ワクチンを1回も受けたことのない

方は ワクチン接種の対象になりますから かかりつけの医師にご相談ください

医療従事者 学校関係者・保育福祉関係者など

*麻疹にかかるリスクが高い方

*麻疹にかかることで周りへの影響が大きい場合

*麻疹流行国に渡航するような場合は

2回目の予防接種について かかりつけの医師にご相談ください

また
妊娠可能年齢の女性
約25%が抗体陰性の30代後半~50代前半の男性は
人が集まる場所に行く際は 早目に接種することが望ましいとされています

@副作用

1回目のワクチン接種後の反応として 最も多く見られるのは発熱で
接種後1週間前後に最も頻度が高いですが
接種して2週間以内に発熱を認める人が約13%います

それ以外に
接種後1週間前後に発疹を認める人が数%いますし
アレルギー反応として じんま疹を認めた方が約3%
発熱に伴うけいれんが約0.3%に見られます

2回目の接種では 接種局所の反応が見られる場合がありますが
発熱 発疹の頻度は極めて低いです

@麻疹単独ワクチンとMRワクチン(麻疹+風疹)の比較

麻疹のワクチンには
麻疹単独ワクチン と 麻疹と風疹の両方が一緒になったMRワクチン
の2種類があります

麻疹の予防対策として
MRワクチンは  単独ワクチンと同様の効果が期待されます

msn27a

また 麻疹ワクチンのかわりに MRワクチンを接種しても
健康への影響に問題はなく むしろ風疹の予防にもつながる利点があります

<妊娠に関する注意>

妊娠中に麻疹にかかると 流産や早産を起こす可能性があります

msn27

麻疹のワクチンは 生ワクチンという種類のワクチンですので
妊娠している女性は接種を受けることができません

また 妊娠されていない場合でも 接種後2カ月程度の避妊が必要です

このように
既に妊娠しているのであれば ワクチン接種を受けることができませんので

麻疹流行時には
外出を避け人込みに近づかないようにするなどの注意が必要です


また 妊婦さんの家族は 

自分が麻疹にかかって妊婦さんにうつすことがないように
早目にワクチン接種を受けるべきです

msn28

一方 妊娠前であれば
ワクチン未接種 麻疹未罹患の方は
ワクチン接種を受けることを 積極的に検討すべきです

<海外渡航に関する注意>

@外国での発生状況

南北アメリカ 多くの中東 ヨーロッパ諸国では
年間数例から2桁までの非常に少ない報告数にとどまっています

依然として多数の患者の報告があるのは 主にアジア及びアフリカ諸国で
なかでも 中国 インド モンゴル パキスタン ナイジェリアなどからの
報告数が特に多い

msn29

@渡航に際して

麻疹にかかった(検査で診断された)ことがない方が海外渡航される時には

渡航先での麻疹の流行の有無を確かめるとともに
ご自身の麻疹の予防接種歴を確認し

麻疹の予防接種を2回受けていない場合 
または接種既往が不明の場合
予防接種を受けることをおすすめします

msn30

 

 

高橋医院