アレルギーの検査は
原因となる抗原(アレルゲン)の検索が中心になります

検査には

血液を用いた方法

皮膚反応を用いた方法

があります


<血液検査>

@血清総IgE抗体価(RIST)

血液中に存在するIgE抗体のトータルの値

何らかのアレルゲンに特異的なものではありません

アレルギー性疾患では
上昇していることが多いですが正常なこともあります
また低くてもアレルギー疾患を否定できません

アトピー型の喘息 皮膚炎で高値を示すことが多く
喘息では重症化と相関しますが
アレルギー性鼻炎との関連は弱いです

ということで
アレルギー傾向があるという参考になる程度
ということでしょうか?

 

@抗原特異的IgE(RAST)

アレルギーを引き起こす
抗原(アレルゲン)に特異的な検索なので
血清総IgEより信頼性がありますが




迅速性 感度・特異度では皮膚テストに劣ります

但し 再現性は高く 安全性も高いのがメリットです


検査できるアレルゲンは 下記の各項目に分類されます

*食品類:卵 乳製品 肉類 甲殻類・貝類 魚・魚卵 
     穀物・豆類 野菜 果物など

*ペット:ネコ イヌなどのフケ など

*室内のホコリ:ハウスダスト ダニ など

*樹木(春の花粉):スギ ヒノキ など

*イネ科(春~夏の花粉症):カモガヤ など

*雑草(夏~秋の花粉症):ブタクサ ヨモギ など

*カビ:カンジダ アスペルギウス など

*昆虫:ゴキブリ ミツバチ など

*その他:ラテックス 綿 など



これらのうち
保険診療で測定できるのは13項目が限度なので
問診結果や症状により 充分に推定される抗原を検討して
調べるべきアレルゲンを決定します


但し RASTの結果が陽性でも
臨床症状がなければアレルギーとは判断されません

また 皮膚テストと結果が一致しないこともあります



<皮膚検査>

@パッチテスト

遅延型アレルギー反応の検索に向いていて
接触性皮膚炎の診断に最も有用です

アレルゲンの候補物質をアルミ皿などに載せ
それを背中の皮膚に48時間貼り付けます




はがしてから 1~2時間後 72~96時間後 1週間後に
赤くなっていないか 水膨れがないか 
皮膚の反応を見て判定します



アレルゲンがあらかじめ付着されている 
パッチテストパネルもあります



判定結果と臨床症状の関連性を確認して
総合的に判定しますが
結果が陰性でもアレルギー反応は否定できません

なお ステロイドの内服 外用は
結果に影響を及ぼしますからテスト3日前から禁止します


@皮内テスト

この検査も 遅延型アレルギーの判定に用いられます

アレルゲン液0.02mlを 前腕内側の皮内に注射し
(コントロールは生理食塩水)
15分後に膨疹と発赤の大きさを計測して判定します



反応が遅れることもあるので
陰性の場合は24時間後にも判定します

検査により抗原感作させてしまうリスクがあるので
検査液の抗原濃度調整には十分注意します


@プリックテスト

即時型 I型アレルギーの判定に用いられます

前腕の内側にアレルゲンを載せて 27Gの細い針で刺し
15分後に 膨疹を形成するかで判断します

陽性コントロールには ヒスタミン溶液
陰性コントロールには 生理食塩水
を用います

陰性の場合は 5mmほどの線状の傷をつける
スクラッチテストを行います

判定結果と臨床症状の関連性を確認して
最終的に判断します

3日前から抗ヒスタミン薬の服用は禁止します



<食物抗原特異的IgG抗体について>

最後に アレルギー検査に関して
学会から勧告が出ていることがあります

それは 食物抗原の特異的IgG抗体 についてです


*食物抗原特異的IgG抗体は
 食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体である

*食物アレルギー確定診断としての負荷試験の結果と
 一致しない

*血清中のIgG抗体のレベルは
 単に食物の摂取量に比例しているだけである

*よって このIgG抗体検査結果を根拠として
 原因食品を診断し 陽性の場合に食物除去を指導すると
 原因ではない食品まで除去となり
 多品目に及ぶ場合は 健康被害を招くおそれもある

といった理由から

日本アレルギー学会は
日本小児アレルギー学会の注意喚起を支持し

食物抗原特異的IgG抗体検査を
食物アレルギーの原因食品の診断法としては
推奨しないこと

を学会の見解として発表いたします

という声明が発表されています



IgGは血液中にIgEの数十万倍存在するため
RAST検査ではIgEを測定しているはずなのに
IgGも測定してしまい
誤って陽性と診断されてしまうリスクもあるようです

また 食物アレルゲンでは
特異的IgE抗体がある程度高くても
そのアレルゲンを摂取しても症状がでないことが
しばしば経験されるようなので

結果の解釈は慎重に行われるべきと考えられます

高橋医院