クリスマスといえば
我が家では昨日レポートしたくるみ割り人形
ヘンデルのオラトリオ・メサイア

毎年恒例 鈴木雅明さん率いる
バッハ・コレギウム・ジャパンの
サントリーホールでのコンサートに行ってきました

今年は
東京フォーラムでのバレエのくるみ割り人形の公演と
重なったので どちらに行こうか迷いましたが
くりみ割り人形は映画ですませて
こちらに行くことになりました



今年で18周年だそうです

2週間くらい前から
パソコンで作業しているときはYouTubeでこの曲を流して
耳慣らしをしておきます(笑)

個人的には それほど好みというわけではないのですが
宗教曲 特にオラトリオには
抗しがたい魅力があるのも事実です

美しいコーラスは 胸を打ちます

年に一度くらいは
清らかな気持ちになるのも必要かもしれません(苦笑)




サントリーホールの前のデコレーションは
今年はシンプルで大きなツリー

生の樅ノ木ですね



内部のツリーは いつもと同じ



ステージのデコレーションは 今年はピンクです



メサイアについては 毎年ブログに書いているので
ネタが出尽くした感があり困っていたら

なんと新しいネタがありましたよ!(笑)

後半の聴きどころのハレルヤコーラスのときに
起立して聴かれる方がおられることは 
以前にも紹介しました



初めてその光景を見たときは
ホントにビックリしたものです(笑)

ハレルヤで起立する理由は諸説あるようで

いちばん有名なのが
イギリス国王ジョージ2世が初めて聴いたとき
感動して立ち上がったので
まわりの人々もそれに従い習慣化したというものです

書き手は
もっと宗教的に深い所以があるのかと思っていましたが
どうもそういうわけではないようです


で 途中の休憩のときにロビーでウロウロしていたら

なんとこんなアナウンスが
あちこちに貼ってあったのですよ



毎年このコンサートに来ていますが 初めて見ました

ビックリ!

なにかクレームでもあったのでしょうか?

そのせいか
今年はハレルヤで起立される方はおられませんでした

ちなみにこのお知らせ 英語では書かれていなかった

うーん なんだか微妙ですね(笑)


さて 今年はソプラノ メゾソプラノが
ともに日本人の方でしたが おふたりともお上手でした

特にソプラノの森谷真理さんは
情感たっぷりに歌い上げられていて素敵でした



そして
いつもと変わらぬBCJのコーラスは心に響きますし
ここ数年はトランペットが安定しているので
(フランス人の方かな?)
最後の方は大いに盛り上がります!



恒例のアンコールの「きよしこの夜」のコーラスを聴いて
満足して外に出ると ツリーが美しく輝いていました



でも お隣のホテルのロビーのツリーは
今年はなんとコレ



豪華で華やかなツリーを楽しみにしていた
糖尿病専門医さんは とてもがっかりされていました


ところで
クリスマスシーズンのレストランには
行かないようにしていますが
(高いし メニューは決まっているし 混んでいるし:苦笑)

何年か前に行ったシャンパンバーでは
カウンターにこんなオシャレな仕掛けがしてありました



このライト 何のためにあるのでしょう?

コースターを重ねてみると 穴から光が上がってきて




そこにグラスを置くと
泡が立ち上がる様子をより美しく見せてくれます



オシャレですね!


ちなみにコンサートのあとには
クリスマスのお寿司屋さんなら空いているだろうと
行ったのですが

カウンターで隣になった方が
書き手たちがどちらに行こうか迷った
東京フォーラムでのバレエのくるみ割り人形に
行かれていたことがわかり

バレエ オペラ
さらにはフラメンコから お能や文楽まで
話がとても盛り上がり
思いがけず楽しい時間を過ごせました

お寿司屋さんのカウンターでの一期一会の出会い
いいですよね!(笑)


さて 平成最後のクリスマスでしたが
メサイアはここ数年 ずっと23日に行われていました

来年から23日は祝日ではなくなるので どうなるのかな?

糖尿病専門医さんが心配されていました(笑)


高橋医院