アレルギー疾患の治療について説明します


<アレルゲンの回避 除去>



治療の大原則は

IgE抗体を作らせないように
アレルゲンを回避・除去することです

@室内ダニの除去

*部屋を清潔にして
*こまめに床の掃除 寝具の洗濯を行い
*湿度は上げ過ぎず50%程度 
 室温は20~25℃に保ちます


@スギ花粉の回避

*花粉情報に注意して
 飛散が多いときは外出を控える
*マスク メガネの着用
*毛織物コートを着ない
*帰宅時に 衣服 髪をよく洗う
*洗顔 うがい 手洗い 鼻をかむ
*窓を閉める 換気は最小限に
*布団 洗濯物は外干ししない
*こまめな掃除 特に窓際をきれいに

などを励行します




@ペット抗原の回避

*できれば飼育を止める
*寝室に入れない
*ペットを清潔に保つ
*カーペットを止めてフローリングに
*通気をよくして 掃除を励行
*埃の立ちやすい場所は
 拭き掃除のあとに掃除機をかける

などを励行します





<抗アレルギー薬>

実際の治療では 抗アレルギー薬が処方されます


抗アレルギー薬は 下図に示されるように

*ケミカルメデイエーター合成・遊離阻害

*ヒスタミン受容体拮抗

*Th2サイトカイン合成阻害

*生物製剤(人工抗体)による
 IgE サイトカインなどの抑制

といったさまざまな作用点を有しています

@ケミカルメデイエーター遊離抑制薬

肥満細胞等から分泌されアレルギー症状を引き起こす
ヒスタミン ロイコトリエン 血小板活性化因子(PAF)
プロスタグランジン トロンボキサンA2
などの遊離を抑制します





*トロンボキサンA2合成阻害薬 拮抗薬

トロンボキサンA2は 気道過敏性 鼻閉に関与するので

合成阻害薬は
気管支喘息 アレルギー性鼻炎の鼻閉症状に有効です


*ロイコトリエン受容体拮抗薬

ロイコトリエンは
気道収縮 血管透過性亢進 気道分泌亢進作用があるので

受容体拮抗薬は
気管支喘息 アレルギー性鼻炎の鼻閉症状に有効です

 
@ヒスタミンH1受容体拮抗薬

第2世代の薬は ヒスタミンだけでなく
他のケミカルメデイエーター遊離抑制作用も有します






@Th2サイトカイン阻害薬

Th2細胞からの IL-4 IL-5の産生を抑制する薬で
気管支喘息 アレルギー性鼻炎 アトピー性皮膚炎 
に有効です

効果発現まで 2~4週間かかります




<ステロイド>

抗アレルギー薬の効果が不充分なときは
ステロイド(グルココルチコイド)薬が用いられます

ステロイドは 
強力な抗炎症作用 抗アレルギー作用を有しています



注意すべきは副作用で

*血圧上昇
*耐糖能障害
*易感染性
*骨粗鬆症
*筋力低下
*消化性潰瘍
*精神症状
*ムーンフェイス
*中心性肥満
*白内障
*ニキビ

などの さまざまな副作用があります

長期にわたりステロイドを継続使用する場合は
副作用対策を行う必要があります


@鼻噴霧ステロイド

花粉症などでよく使われますが
長期連用により効果が上がり
重症例にも効果が期待できます


<免疫療法 減感作療法>

最近 注目されているのが免疫療法 減感作療法です

自然経過を改善させる唯一の治療法で
2~3年以上の長期の治療期間が必要ですが 
効果は長期間持続します





@皮下免疫

皮下にアレルゲンを注射する治療で
薄い濃度から始めて 抗原量を増やしていきます

1か月に1回のペースで 3~5年間行います

アナフィラキシーショックに注意が必要です


@舌下免疫

アレルゲンを経口投与します

2014年にスギ花粉症 
2015年にダニ通年性アレルギー性鼻炎に
保険適応されました

患者さんは12歳以上でないとダメで

毎日1回 液剤は2分間 錠剤は1~2分間 
それぞれ舌下に保持します

アレルゲン量は週単位で徐々に増加させ
最低2年以上 
3~5年の長期にわたる治療が推奨されています

寛解率は1年目2.3% 2年目17%と報告され
80%で効果を認めますが
15%は効果を認めないようです

副作用は
全身性副作用はなく
局所反応(口腔内の腫れ かゆみ)のみですが
数時間で自然に回復します



作用機序としては

*肥満細胞 好塩基球 好酸球の活性化 機能の低下
*制御性T細胞の分化誘導 局所への誘導
*IgEの産生低下 
*抗原特異的Th2の減少

などが推察されています



<生物製剤>

これまで説明してきたように アレルギー反応は

*IgE抗体

*IL-4 IL-5 IL-13などのTh2サイトカイン

*TSLPなどの上皮性サイトカイン

などの種々の物質により病態が形成されますが




生物製剤は それらの物質の働きを阻害する
人工的に作成された抗体です




最近はIgE IL-5 IL-4 IL-33などを抑制する抗体が
主に重症の喘息症例に使用され
良好な成績が得られ始めています

これらの生物製剤は
毎日でなく4~8週ごとの投与間隔で効果を発揮します


@オマリズマブ 抗IgE抗体

IgE抗体が
マスト細胞等の細胞表⾯に結合する部分のFCε3
に対する抗体で
⾎中のIgE IgE受容体 IgE産⽣を抑制します

60%の喘息患者さんに有効で
慢性蕁麻疹にも有効とされています





@メボリズマブ 抗IL-5抗体

好酸球抑制効果により喘息の急性増悪を改善できます

特に⾎中の好酸球数が⾼値の重症喘息患者に有効で
発作を53%減少させます

従来使用されていた副作用の強いステロイドが
50%減量できます





@ベンラリズマブ 抗IL5受容体抗体

NK細胞などの作⽤を誘導し
その抗体依存性細胞障害(ADCC)により
好酸球を細胞死(アポトーシス)させて
症状を改善します

また メボリズマブと同様に
ステロイドが減量できます





@デュプリマブ 抗IL-4受容体α抗体

ベンラリズマブと同等の効果
好酸球が悪さをする重症型喘息によく効きます

また ステロイドが減量できます

アトピー性皮膚炎への有効性も認められています



さらに現在開発中の新たな生物製剤には

@エトキマブ 抗IL-33抗体

好酸球を減少させ 症状を改善します


@上皮性サイトカイン 抗TSLP抗体

好酸球数 IgE価に関わらず有効で
抗IL5抗体など他の生物製剤が無効例でも
効く可能性があります

などがあります 

こうした生物製剤の使用により 将来的には
Th2系反応により生じるアレルギー反応の抑制が
期待できるようになってきています


高橋医院