アレルギーの解説シリーズの最後に
喘息と肥満の関係について説明します

肥満は 糖尿病や脂質異常症だけでなく
アレルギー疾患の喘息とも 関連するのですよ!




<肥満だと喘息になり易くなる>

喘息の発症率はBMIに比例して増加することが
明らかにされています

アメリカでは
BMIが30を超えると喘息発症率は2倍になり

日本では
軽度のBMI上昇でも喘息有病率が増しています

中高年の肥満者 特に女性で著明で
肥満が原因と思われる喘息は
重症喘息の10%を占めています

また 肥満は喘息の増悪因子でもあります



一方 肥満が改善すると 喘息は改善します

10%程度の体重減少で
呼吸機能 症状が改善しますが
睡眠時無呼吸 胃食道逆流などの
肥満合併症の治療も必要です


喘息患者は運動不足になり易く肥満になり易いので
肥満と喘息が影響しあうと推察されています



<肥満が関連する喘息の特徴>

肥満は
アトピー IgE上昇 アレルゲン感作と相関しないので
肥満関連の喘息は非Th2型と考えられます

また 肥満が原因の喘息は 

*女性が多い

*発症年齢が高く 小児より成人で多い

といった特徴がみられます




<どうして肥満だと喘息になり易いのか?>

@肥満は呼吸機能に悪影響を及ぼします

肥満者は胸腹膜壁が厚く
腹腔内の脂肪沈着により横隔膜が上方に偏位するため
肺が下から圧迫されて
機能的残気量 1回換気量が低下することが
指摘されています


@アディポカインの関与

肥満で生じる
脂肪細胞のアディポカイン分泌異常の関与が
推定されています

*レプチン

肥満で分泌増加していて 
レプチン濃度の上昇と 
喘息症状の重症度 呼吸機能低下 
末梢血や喀痰中の好酸球数が
正の相関を示します

レプチンは
好酸球のアポトーシスの抑制 血中IgE 増加 
気道過敏性亢進 などをきたすため
そうした機序により
喘息の病態形成に関わると推察されています

*アディポネクチン

代表的な善玉アディポカインのアディポネクチンは
気道過敏性を減弱させ炎症を抑制します

肥満では分泌が低下しており
喘息発症に関与すると考えられます




*悪玉アディポカインのPAI-1 TNF-α

PAI-1 は 肥満の喘息患者さんで高値を示します

プラスミノーゲンアクチベーターを抑制して
気道壁の細胞外基質蛋白の沈着を増やし
さらにフィブリン沈着を促進させることにより
気道リモデリングを引き起こし 
喘息発症に関わると考えられています


TNF-α は脂肪細胞やマクロファージから分泌され
インスリン抵抗性の悪化や
炎症性サイトカインの産生を誘導します

TNF-αの作用で
脂肪組織へのマクロファージ浸潤が増加し
慢性炎症が惹起され

炎症により気道過敏性亢進のリスクが高くなり
喘息が発症し易くなります




@自然リンパ球

自然型アレルギーへの
自然リンパ球ILC2の関与の解説をしましたが

肥満関連の喘息では
別のタイプの自然リンパ球のILC3IL-17の産生を介して
病態に関わると考えられています

肥満で増加する脂質(脂肪酸 コレステロールなど)により
炎症を誘導するM1マクロファージが活性化され

M1マクロファージが産生するIL-1βが
肺内にIL-17Aを産生するILC3を誘導 集積させ
気道過敏性が誘導され喘息症状が現れます




<肥満による喘息の治療>

通常の喘息に効果を示す吸入ステロイドが効きません

上述のレプチン TNF-αなどが
ステロイドへの耐性発現に関与しているためと
考えられています

抗ロイコトリエン薬 抗コリン薬は有効なので
併用が推奨されます


ということで 
これでアレルギーに関する解説は終了します


さて 今年のお勉強ブログも今日が最後です

火曜~木曜にアップしている
病気や体の仕組みに関するお勉強ブログは
「難しくてよくわからないよ!」というご批判も多く
書き手の筆力不足を申し訳なく思っています

ただ 病気に関するブログを読まれて
相談に来られる患者さんも少なくありません

そういう時はちょっと嬉しいですし 
同時に責任も感じます



書き手は酔狂なことに お勉強好きなので(苦笑)
自己満足的に書いてしまいがちですが

今後も最新の知識を勉強し続けて
その内容をわかりやすく解説できるように
心掛けたいと思います

今後も興味あるテーマについて解説していきますので
お付き合いいただけると幸いです


年明け第一弾は
皆さんお悩みの ”アレ” がテーマですので
ご期待ください!

高橋医院