今年のお勉強ブログは
多くの方々が悩まれている 
この話題から始めようと思います

肥満!

肥満は 治療が必要な病気ですよ!

そんなことを面と向かって言われると
ダイエットに励んでいる多くの方々は 
きっと面食らってしまうことでしょう

しかし 最近の医学では

肥満の人々のなかには 
医学的な治療が必要となる人がいる
と考えられていて

そうした人は肥満症と呼ばれています



では「肥満」と「肥満症」では 
何が異なるのでしょう?


<肥満と肥満症の違い>

肥満*BMI>25で太っているけれど 
 内臓脂肪の蓄積はなく 健康的な被害はない

*治療する必要はない

*肥満症に移行するリスクはあるので 
 疾患の発症予防の対象となる

という人です


一方 肥満症*医学的に治療しなければいけない治療の対象

となります




<肥満症とは?>

では 治療が必要な肥満症とは 
どのような人なのでしょう?

肥満症は

BMIが25以上肥満に起因ないしは関連する健康障害を合併
 あるいは合併が予測され
 医学的に減量を必要とされる状態 
(減量により 改善 進展防止されるもの)

あるいは

ウエスト周囲長によるスクリーニング検査で
 内臓脂肪蓄積が疑われ
 腹部CT検査にて確定診断された内臓脂肪型肥満
 =健康障害をともないやすい高リスク肥満

と定義されています




上記の定義で言及されている
「肥満に起因ないしは関連する健康障害」とは
下記の11種類の疾患を指します

*耐糖能異常

*脂質異常症

*高血圧

*高尿酸血症

*冠動脈疾患

*脳梗塞

*脂肪肝

*月経異常 不妊

*睡眠時無呼吸症候群

*運動器疾患

*肥満関連腎臓病



これらの疾患以外にも
肥満との関連で注意すべき疾患として

*胆石

*静脈血栓塞栓症 肺塞栓症

*気管支喘息

*皮膚疾患

*男性不妊

*胃食道逆流症

*悪性腫瘍

が挙げられています




腎臓病 気管支喘息も
肥満と関連しているなんて
予想外でびっくりされた方も
多いのではないでしょうか?


<BMIとは?>

肥満症の定義に出てくる BMI

最近は色々な場面で
見聞きすることが多いと思いますが
ここで復習しておきましょう

BMIは
体重(Kg) / 身長(m)2 
で表される指標です



BMIは
体脂肪率 ウエスト周囲長 
と相関が高く

その値は 
冠動脈疾患 脳血管障害など
肥満に関連して発症する
健康障害 死亡リスクに関連します

標準は22で
BMIと疾患合併率との関連は
Jカーブを示します

つまり 
疾患合併率が最も低いのは
男性は22.2 女性は21.9で

それより低くても 高くても
疾患合併率は増加します



また 総死亡率の相対的危険度も
BMI23~25を底にして
Jカーブを示しています



BMIが25を超えると 肥満と診断されます

BMI>25の人の比率は
男性で28.6% 女性で20.3%とされ
ここ十数年で2~4倍に増加しています



また 高度肥満の指標となるBMI>30の方は 
3.5%おられます



日本には
高度な肥満の方は少ないのですが
軽度肥満(BMI=26~27.9)でも
高血糖 高血圧 高中性脂肪血症 低HDL血症
のリスクが2倍以上になり
軽度肥満でも健康障害につながりやすいのが
日本人の特徴と言われています


また
BMIが低くても
内臓脂肪量が多い人がかなりいるので

たとえBMIが25以下でも
最近急に太ったりした方は
血糖 血圧 脂質などに異常がみられないか
注意する必要があります


<肥満症を治療する意義>

では 病気としての肥満症を治療する意義は
どのようなものでしょう?

それは
減量による肥満の改善で
合併する複数の健康障害を一挙に改善できる
ことです

最近は
血圧も血糖も脂質も全部高いので
それぞれに対する薬を飲まないといけなくて大変!
という方も多くおられますが

肥満が原因になっている場合は
減量により
高血圧も糖尿も脂質異常症も高尿酸血症も
薬なしで一挙に全部改善できるのです

3~5%の減量により
空腹時血糖 HbA1c
血圧
中性脂肪 コレステロール
のいずれもが
改善できることが研究により明らかにされています



ですから
肥満症を早期に見つけて
減量治療していくことはとても大切なのです

 

高橋医院