高血圧の治療方針の第1段階は 
生活習慣の修正です

特に
130-139/85-89mmHgの 
正常値だけれど高目の正常高値血圧の方には
生活習慣の修正が重要になります

たとえ正常域内でも
血圧の値が上がれば心血管病リスクは上昇するので
生活習慣の修正を徹底して
高血圧への進展を防ぐ必要があります

特に 
リスク因子が多く 完成したメタボに該当する
第3層リスクの方は要注意です


<生活習慣の修正>

@食事



*減塩

・1日摂取量を6g未満にします

・塩分の90%は 
 味噌 醤油を含む加工食品から摂取されるので
 要注意です

・少しずつ 時間をかけて 
 うす味の食事に移行するようにします



野菜・果物の摂取を増やす

*コレステロール・飽和脂肪酸の摂取を控える

*降圧効果が高いω3不飽和脂肪酸を含むを
 積極的に食べる

食物繊維を多く摂取する



@減量 運動

*減量

・4Kgの減量で有意な降圧効果が得られます

無理せず 長期間かけて
 ゆっくり減量するのが成功の秘訣です

・減塩と同程度の降圧効果が期待できます


*有酸素運動

・ややきつい程度の早足でも充分です

・毎日30分以上が目標です

・無酸素運動の併用がより効果的
 という報告もあります


@その他

*節酒
飲酒量を80%ほど減ずると
1~2週間で降圧を認めます

*禁煙

*ストレスの管理

*睡眠の管理




@生活習慣修正の複合効果

*上記の組合せにより 
 より効果的な降圧効果が得られます

*減塩と減量の組合せ 
 運動の追加などによる降圧効果増強が
 報告されています



生活習慣の修正は 
降圧薬開始後も持続させることが重要です

*たとえ降圧薬治療を開始しても 
 生活習慣の修正が上手くいっていないと
 治療効果を得ることができません

*是非とも患者さんに
 この点をご理解いただきたいものです



<Hypertension paradoxと生活習慣の修正>

高血圧治療に関する
「Hypertension paradox」という現象があります


アメリカでは
病院で高血圧と診断された患者さんのうち

*治療を受けて降圧目標を達成している人は 
 4分の1

*治療を受けているけれども
 降圧目標に達していない人が 
 4分の1

*治療を受けていない人は 
 2分の1

とされています


つまり
治療を受けている人は半分だけで

さらに
治療を受けていても降圧目標を達成している人は
半数にすぎない


日本でも

降圧目標を達成できているのは 
年々増加していますが
それでもまだ 
男性で約30% 女性で40%にすぎないのが現状です




降圧効果が確認されている 
さまざまな種類の降圧薬が
治療に用いられているにもかかわらず

治療による血圧管理率が こんなに悪い

これがHypertension paradoxです


このHypertension paradoxが起こる
原因のひとつとして
生活習慣の修正が充分でないことが
考えられています

つまり 薬物治療をしていても 
生活習慣の修正をしないと
薬物治療の効果は期待できないということです

薬を飲み始めたから 
生活習慣は元に戻っても大丈夫だ
というわけにはいかないのです

降圧薬を服用し始めた後も 
生活習慣の修正を持続することを
是非ともお願いしたいものです
高橋医院