健診では
胃 腸 肝臓・膵臓などの
画像検査も行われます

<胃の検査>

@胃部X線(バリウム)検査

*食道・胃・十二指腸の
 病変を調べるための検査です

*映し出された形状から
 狭窄 変形 炎症 ポリープ がん
 などがないかを調べます

胃バリウム検査の画像

*異常が認められた場合は
 精密検査のため内視鏡検査が勧められます


@胃内視鏡検査

消化管の内部を直接観察する検査で

病変の大きさ 形 色 
出血の有無などを
目で確認できるので
食道 胃 十二指腸の病変を
調べることができます

胃内視鏡検査の様子


@胃がんABC検査

血液検査だけで 
胃がんのリスクを判定する検査です

採血により

*ピロリ菌抗体の有無

*ペプシノゲンという物質の動態

を調べて 
胃の粘膜の委縮や炎症の有無を評価します

ABC法の原理について説明した図

ABC健診で胃がんリスクありと判定されたら
必ず内視鏡検査を行い
実際に胃の中がどうなっているか確認してください

ABC法の結果について説明した図


<大腸の検査>

@便潜血検査

大腸などの消化管に出血があると 
便に血が混じりますが

潜血検査では
ごく微量な出血の有無を判定が
判定できます

便潜血検査について説明した図

2回とも陽性の場合
潰瘍 ポリープ がんなどが疑われますので
大腸内視鏡検査が必要です

1回だけ陽性の場合は
痔などの可能性もありますので
再検査が勧められます



<腹部超音波検査>

肝臓 胆のう 膵臓 腎臓など
腹部の臓器の状態を調べます


腹部超音波検査の様子

肝臓 胆のう・胆道 膵臓 腎臓などの病気の
早期発見に役立ちます

腹部超音波検査でわかる腹部臓器の解剖図

異常が見られた場合は
CT MRIなどの精密検査が勧められます
高橋医院