先週の脂肪肝のブログで紹介した
NHKスペシャルの脂肪肝に関する番組の最後の方で

「コーヒーを飲むと脂肪肝が良くなる!」

という話をしていました

コーヒーで脂肪肝がよくなる

えーっ? 
と思われた方も多いかと思いますが
実はそういうデータがしっかりあるのですよ

書き手も10年くらい前のアメリカ肝臓学会で
コーヒーで脂肪肝が良くなるという発表を見て
マユツバだと思ってバカにしていたのですが

最近はその効果が
きちんと認証されるようになっています

しかも コーヒーが効くのは
脂肪肝だけではありません!

今日は 最近注目されている
コーヒーの不思議について紹介します

コーヒーによる脂肪肝改善効果


<コーヒーは体に良い!>

最近は
コーヒーほど健康的なドリンクはない
というのが医学界でも常識になりつつあります

コーヒーをたくさん飲むことは
体に良いことなのです!


昔は コーヒーの飲み過ぎは
心臓発作 肥満 高血圧 
骨粗鬆症 膵がん 出生異常 流産
などに関係があると言われていましたが

そうしたことは誤解であるというエビデンスが
積み重ねられています


そして 主に欧米から発表された
何万人単位を対象とする疫学調査や
そうした研究を複数集めて統計学的に検証した
100万人規模を対象としたメタアナリシスにより
コーヒーにはさまざまな病気の予防効果があることが
明らかとなったのです!

コーヒーによる病気の予防効果


<予防効果があるとされる疾患>

コーヒーの健康に寄与する効果は 多岐にわたります

@総死亡率

1日にコーヒーを4杯飲む人の死亡率は
飲まない人に比べて16%も低い
(男性は10% 女性は15%)

コーヒー摂取による死亡率の改善


@肝臓の病気

コーヒーは
AST ALT γGTPなどの
肝機能検査値を用量依存的に改善し
それは肝細胞の保護作用によると報告されています

コーヒーによる肝機能検査値の改善

また

*脂肪肝の原因となる脂肪酸合成の抑制

*肝線維化の原因となる星細胞活性化の抑制

*炎症の抑制

*抗酸化作用の活性化

といった
肝臓の病気の進展を抑制するさまざまな効果が
コーヒーには有ると考えられています


ですから

脂肪肝で見られる
炎症 線維化 発がんをいずれも抑制し
病態を改善させますし

コーヒーによる脂肪肝の改善

肝硬変の発症リスクは
1日のコーヒーが1杯増えるごとに
20%低下します

コーヒーによる肝硬変の改善

さらに 肝がんの発症リスクは
1日のコーヒーが1杯増えるごとに
23%低下します

コーヒーによる肝がんの発症抑制

ビックリされるかもしれませんが
ホントなのですよ

実は肝臓専門医もビックリしているのですが(笑)


コーヒーは
胆石の発症リスクも低下させます

男性は1日に2~4杯飲むと
リスクが45%下がり
女性は2~3杯で22%下がります


@糖尿病

1日にコーヒーを6杯飲むと
糖尿病の発症リスクは飲まない人に比べて
40%下がります
(男性は54% 女性は30%)

コーヒーによる糖尿病予防


1日に4~5杯だと30%下がりますが
4杯未満だと2~7%しか下がらず

1日に飲むコーヒーが1杯増えるごとに
発症リスクは7%低下するそうです!

コーヒーの糖尿病予防効果


また コーヒーを飲むことで
糖尿病の原因である
インスリン抵抗性が改善すると
報告されています

コーヒーによるインスリン抵抗性改善

ちなみに カフェインレスコーヒーでも
1日に4杯以上飲むと
男性では25% 女性では15%
糖尿病の発症リスクが低くなります



なんだか ビックリしますね!
コーヒーって魔法の飲み物なのでしょうか?

でも ビックリはまだまだ続くのですよ!

高橋医院