一時代を築いたグローバル自由主義経済が 行き詰っているかに見える現代

そうした現況を どう打破していけばいいのか?

グローバリゼーションによって引き起こされた
2008年のリーマン・ショック 金融危機

ybs61

その対策で脚光を浴びたのが ケインズ理論です

書き手も さすがにケインズは知っています(笑)

ybs50

ケインズは 1929年の世界大恐慌に際し

社会の安定のために最も恐れるべきことは 失業者の増大で

これを回避するために
国は借金をしてでも市場に巡らせ 仕事を作るべきである

という理論を展開しました

このケインズ理論は 2008年のリーマン・ショック後に再び喧伝され
世界各国が行った金融緩和政策の理論的背景になりました

ybs51

しかしシャルマは

ケインズ理論が誇張されて悪用されている と説きます

危機のときは借金しても良いが 好況になったらそれを返さないといけない
経済が回復してきたのに いつまでもケインズ理論にしがみつくのはおかしい
単に赤字の正当化にケインズ理論を使っているだけだ

と 現在 多くの国で行われている金融緩和政策を批判し

負債を返し終わらないと 危機は終わらないのに
ウオールストリートの発想は あまりにも近視眼的である

と揶揄します

ybs52

ケインズもアダム・スミスも
現代の為政者お抱えの経済学者たちに うまく利用されているだけ

ということでしょうか?

こうした現状に対してシャルマは

世界にあぶく銭・イージーマネーが増えていて
このあぶく銭が金融危機後に増大し 資産格差を導きだした

と指摘します

あぶく銭・イージーマネー

ybs53

あぶく銭ねえ

確かに金融取引で得たお金は 額に汗して働いて得たお金ではないから
人を勘違いさせてしまうリスクがあるような気がします

ybs54

一方 セドラチエックは

既成の理論や支配層が崩壊しつつある現在
新たなパラダイムシフトが望まれていて

ちょっと驚いたのですが

禅的な精神が 混乱した世界を統合する候補になる可能性がある

と述べるのですよ

さらに驚いたことに 対談していたシャルマも呼応するように

儚さ 永遠なものなど何もなく全ては過ぎ去っていく
そうした禅的な感覚こそが これからの経済活動を導くバックボーンになる

と言うのですよ

ybs55

えっ ここで禅が出てくるの?

また 勉強しないといけないことが増えました(苦笑)

でも 欧米人に禅ファンは多いですね
隣の芝生は青く見えるのかな?(笑)

さて 行き詰まりを見せている 欲望おもむくままの自由主義経済

それに代わる新たなシステムは どんなものなのでしょう?

三井物産の社長さんは
欲望の資本主義でなく 持続性があり人に優しい資本主義が必要と語り

日本のベンチャービジネスの育英者の原丈人さんは

ybs56

イノベーションの重要性を説かれるとともに

企業が得られた利益を株主だけに還元せず社会全体に還元する仕組みの
公益資本主義こそが 21世紀の資本主義であると述べられます

ybs57

こうした文言は 最近あちこちで見聞きすることが多いですが
でも 具体的にどうやっていったらよいのか まだファジーな気がします

セドラチエックは 最後に再びケインズに言及し

彼は
マネー自体が 人の心の底に潜む欲望の対象物であることを見抜いていて
現在の欲望資本主義を予見していたのかもしれないと述べます

ybs58

しかし それが行き詰まり< br />今まで信じていたものが信じられなくなった現在の世界では

経済におけるアインシュタイン的な価値観の変革者
新たなケインズが求められているとし

社会システム全体を 従来にない形で変革する経済学の必要性を強調します

また IT時代は経済が抽象化していて
それに伴い 欲望も物質世界から抽象世界に移っているので
具体的な変革の道筋を模索するのは大変かもしれないと危惧します

一方 スティグリッツは最後に

資本主義は 人の金への追求により支えられているのに
それだけでは前進しないことが究極の皮肉である と述べます

ybs59

うーん なんだか
それこそまさに 禅問答のようですね(苦笑)

そして番組は この一文のテロップが流れて終わります

欲望は無限で 満たされることを望まない

ybs60

ほらね 欲望が問題だって 最初に言ったでしょ?(笑)

でも うーん 欲望

どう付き合っていけば いいのでしょう?

高橋医院