逆流性食道炎の解説をしていますが

先週あたりから 花粉症の患者さんが急増していますので

今週は 急遽 花粉症  のお話をします

先週木曜日あたりから 急に暖かくなったので
きっと花粉がたくさん飛び始めたのでしょう

東京では 2/14のバレンタインデーに
花粉の飛散が始まったと報告されています

kfs1809

しかし 当院にはその前の2月初旬頃から
花粉症の薬の処方を希望して来院される方がおられました

プロ ですね!(笑)

というのも 前にも解説しましたが

花粉症のお薬は
花粉が飛び始める前 自覚症状が出る前から
前もって飲み始めた方が コントロールが良好なのです

kfs1808

そのことをご存知ない方も多いので 改めてお知らせする次第です

どうして そんなに前から薬を飲んだ方が良いのか?

それは 代表的な花粉症のお薬の抗ヒスタミン薬
インバース・アゴニスト作用 という働きがあるからです

鼻水などの花粉症のつらい症状は
マスト細胞 好塩基球などの血液細胞にIgE抗体が結合して
ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出され

それらの化学物質が 鼻粘膜などを刺激するために 起こってきます

kfs1811

ヒスタミンは 鼻粘膜などに存在するヒスタミン受容体に結合して
それにより症状を起こさせます

抗ヒスタミン薬は このヒスタミンと受容体の結合を抑制するので
作用を発揮します

kfs1812

しかし ヒスタミン受容体がたくさん存在すると
受容体が構造変化を起こして
ヒスタミンがなくても 勝手に活性化して 症状を起こしてしまいます

受容体の ひとり芝居のようなものです

抗ヒスタミン薬は
この ヒスタミン受容体のひとり芝居も抑えてくれるので 

花粉が飛散する前 ヒスタミンが放出されるから投与しておくと
シーズン中の症状を ばっちり抑えることができるのです

この効果を インバース・アゴニスト作用 と呼びます

kfs1813

ヒスタミン受容体を安定化して
その状態を維持して むやみに活性化させないので
症状改善の維持や 再発の抑制が 期待できるわけです

また ヒスタミンは ヒスタミン受容体の遺伝子の発現を亢進しますが
抗ヒスタミン薬は この現象も抑制します

実際に 抗ヒスタミン薬を事前投与しておくと
鼻粘膜でのヒスタミン受容体の発現量が有意に低くなり
上述した 受容体が勝手にひとりで活性化する現象も抑制できます

こうした理由により

*花粉が飛び始める前から

*自覚症状が出る前から

前もって 抗ヒスタミン薬を服用することが推奨されるわけです

kfs1814

今年は既に花粉が飛び始めてしまいましたから
残念ながら 時すでに遅し ですが

花粉症で悩まれている患者さんは
来年からは 2月中旬くらいから薬の服用を開始されることを
お勧めします

 

 

高橋医院