これまで 日内変動・サーカディアンリズムを司る時計遺伝子により
脂質や糖質代謝の日内変動が規定されることを説明してきました

しかし 逆方向の影響

つまり

食事内容や 食事の時間により
日内変動・サーカディアンリズムが変化を被る現象

もあります

サーカディアンリズム
脳の視交叉上核に存在する体内時計を中枢として規定されますが

肝臓や脂肪組織などの代謝に関わる末梢組織の細胞ひとつひとつにも
体内時計が存在しています

そして

中枢性の脳の体内時計が 朝の光によってリセットされるのに対し

末梢性の細胞レベルの体内時計は 
光に非依存性の“腹時計”で
光でなく 食事によってリセットされるのです

jeg41

特に 朝食依存性で
朝食は強い食事性同調刺激で 
体内時計リズムの形成に重要な働きを示します

jeg42a

一方 夜食は 体内時計を遅らせる要因になります

では 食事はどのようにして
細胞レベルでの体内時計のリセットを行うのでしょう?

まず 食事の内容の影響があります

糖質摂取により上昇するインスリン
Per2発現増加 Rev-erbαの発現低下を肝臓で引き起こします

インスリンを強く分泌させる食物は 体内時計を動かせやすく
特に GI値が高く血糖やインスリンが上昇させやすい食事が
体内時計をリセットしやすいことから

高GI食品は朝食に 低GI食品は夕食に摂ると良いとされています

また 消化の良いデンプンは
早い血糖上昇と高いインスリン分泌を引き起こし 体内時計同調効果を高めるため
朝食には一定量の炭水化物の摂取が望ましいとされます

jeg43

さらに 炭水化物とタンパク質の同時摂取は
体内時計同調効果が高いとされます

一方 体に良いとされる不飽和脂肪酸のDHA EPA
G蛋白質共役受容体GPR120を介した
GLP-1上昇によるインスリン作用増強効果により
体内時計同調効果を高めます

逆に 飽和脂肪酸に富んだ高脂肪食を摂ると
脂肪組織等での時計遺伝子の発現が減弱してリズムを狂わせ
肥満 脂肪肝 高インスリン血症 炎症などを誘導します

また カフェインやコーヒーも 体内時計に影響を与え

*体内時計の周期が延長する
*夜の摂取により 肝の時計遺伝子Per2の位相が後退する
*夜のカフェイン摂取は 体内時計を乱す可能性がある
*朝のカフェイン摂取は 抗肥満効果を高める

といった作用が認められています

jeg04

食事の内容だけでなく
食事を摂るタイミングも 体内時計に影響します

絶食時間が長く空いた後の食事は
末梢組織の体内時計のリセット作用がいちばん強く

朝食の時間帯での食事は体内時計を前進させる方向に同調し
夕食にあたる時間帯での食事は 後退させる方向に同調します

体内時計のリセットは 光刺激により中枢がリセットされる朝に
末梢組織も同期して行われるのが良いので

夕食から朝食までの時間がいちばん長くして
朝食後にリセットされるのがベストです

jeg44

一方 夕食を遅らせれば遅らせるほど
昼食と夕食の時間が長くなり 夕食と朝食に時間が短くなるので
末梢組織の体内時計は 普段と異なる位相に動いてしまい
リセットが乱れてグチャグチャになってしまいます

ですから 規則正しい時間帯に朝食 昼食 夕食を摂ることが重要で

規則的な食事時間をとれば 食事の量や質に関わらず
正常な日内リズムを刻み 肥満や糖尿病を防げることになります

ということで

食事の内容や摂取時間による日内リズムの変化と
それにともなう肥満や糖尿病の発症リスクについて解説してきましたが

jeg45

次回は 具体的に どのような時間帯にどのような内容の食事を摂れば
日内リズムを乱さずに健康的な生活を送れるか解説します

 

高橋医院