歯周病

*口腔内の清掃不良により増殖した口腔内の病原性細菌より
歯肉に炎症が起こる歯肉炎

*炎症により歯槽骨が破壊されて歯が抜けてしまう歯周炎

に大別されます

dmssb01

日本人の中高年の約80%が罹患しているとされていますが
糖尿病とも深い関連があります

dmssb03

@歯周病の発症に糖尿病が関連します

HbA1cが6.5%以上になると

歯周病の新規発症も 

dmssb04

悪化(歯槽骨吸収の進行リスク)も

dmssb05

高まるとされています

その原因として 高血糖になると

*脱水状態になり 唾液の分泌が減るので 炎症が起こりやすくなる

*白血球の機能低下が起こり 抵抗力が減り 感染が起こりやすくなる

*過剰なブドウ糖がタンパクと結合してAGEsが作られ
歯槽骨を支えるコラーゲンやラミニンの機能が変化してもろくなる

といったことが 考えられています

dmssb06


糖尿病のコントロールが悪いと 歯が抜けやすくなるリスクが高まるのです

@糖尿病の治療をきちんと行うと 歯周病は良くなるのでしょうか?

これまでの検討では 治療によりHbA1cが低下すると
歯肉周囲の炎症は軽減されますが 治癒にまでは至らないことが
明らかにされています

ですから 血糖のコントロールと 歯周病の治療を
並行して行うことが必要です

@歯周病は 糖尿病のコントロールに悪影響を及ぼすのでしょうか?

歯周病は 血糖コントロールに悪影響を及ぼすこと
歯周病の重症度が高いほど 血糖コントロールが難しくなること

が明らかにされています

dmssb07

歯周病の局所で生じた慢性的な炎症が
全身に軽微な慢性炎症を生じさせてしまうので

TNF-αなどのサイトカインが分泌され インスリン抵抗性が起こり
血糖コントロールが悪くなると考えられています

dmssb08

歯周病の患者さんは
糖尿病の発症リスクが2.1倍も高くなることが報告され

欧米の歯周病学会からは

軽度から中等度の歯周病は 糖尿病の進行リスクを上昇させ
重度の歯周病は 血糖コントロールを悪化させる

という勧告がだされています

dmssb09

また 重度の歯周病の患者さんは
糖尿病性腎症の発生率や 虚血性心疾患による死亡率の上昇が認められます

@歯周病の治療をきちんと行うと 糖尿病は良くなるのでしょうか?

こうしたことから
歯周病の治療により 血糖コントロールが改善するか検討され

歯周病の治療により 炎症性因子のCRPが低下すると

*HbA1cやインスリン抵抗性の改善

善玉アデイポカインのアデイポネクチンの上昇

が認められ 血糖コントロールが改善することが報告されています

dmssb10

以上のことから

*歯周病がある方は 糖尿病になりやすいので 注意が必要なこと

*糖尿病で歯周病がある方は
 その治療により血糖コントロールが改善すること

が明らかになりました

dmssb11

歯周病と糖尿病の悪循環 侮れません

最近は 歯周病は糖尿病の6番目の合併症 と言われているようです

dmssb12

糖尿病の患者さんは 是非一度 歯科の先生に相談されてください

 

高橋医院