欲望の資本主義 2018

番組の後半は人の貨幣への愛の話題から始まりました


<第6章 幻想の貨幣愛>

投資銀行のトレーダーで
巨大な額のマネーを日々取り扱ってきた 
カビール・セガールさん

18ybs51a

人は頭の中に いつも金に関する関心や欲望がある 
と指摘します

お金を使っているつもりで お金に使われている

そこが 金の厄介なところで
人生を左右してしまうほどの強い力がある

18ybs52

一方 金が多ければ多いほど 将来の不安がなくなる
だから人は 安心するために過剰な金を求める

このように 

人は 恐怖と欲望からできている

だから もっともっと金を となってしまう

18ybs53

しかし 
人々が貯蓄に走ると 社会に恐慌が起きてしまう

マルクスは 資本論のなかで

カネが王 モノが家来 という幻想がある

と書きました

18ybs54

セドラチェク

現代は GDP神話に生きる時代なので

金に対するフェテイッシュな欲望 執着がある

と指摘します

お金への幻想愛 確かにあるかも?(苦笑)

さて ケインズは世界恐慌に際して

失業が社会の最大の不安なので
欲望の対象である貨幣をたくさん作ればいい

人はいつも 
手の届かないモノへの憧れにとらわれてしまう

その無意識をコントロールすることが 
資本主義の鍵である

と述べました

18ybs55

このことを セドラチェクは こう解釈します

金が 道具でなく 目的になっている

金はあらゆるものと交換可能だから 人は金を欲望し
使うことでなく 貯めこむことが目的になる

こうした目的と手段の逆転により 
人は金の奴隷になってしまう

18ybs56

いやはや ですね

読み手の皆さんは 耳が痛いですか?
書き手は ちょっと、、、(苦笑)


<第7章 二つの世界を欲望が覆った>

資本主義と社会主義が 力の均衡を示していた時代

その終盤の1980年代に
レーガンとサッチャーによる 
大胆な経済改革が起こりました

18ybs57

世にいう 新自由主義 の流れですね

市場原理主義 とも呼ばれていました

ダニエル・コーエンは 
この改革をつぎのように評します

当時 進歩的な学者などにより喧伝されていた
生産にとらわれる時代ではない 
ポスト物質主義が到来しているという
そんな考え方は 間違いだとする改革だった

この改革は
それまでの社会の型を破壊し変形させ 
悪徳の栄え を引き起こした

18ybs58


強欲 を 成長の原動力として解き放ったのだ

18ybs59

1980年代以降の資本主義は
社員や労働者の切り離しに新たな価値を見出し
大企業は社員を守らなくなった

レーガン・サッチャーの革命により

市場の力が解放され
世界中にウオール街のマネーパワーが解き放たれた

18ybs60

ウオール街の暴れ者たちは
真の価値を見ず 目先の利益を得るためだけのために
会社を分割して売り払いバラバラにした

これが 新しい「金融資本主義」の基礎になっている

資本の増殖を求めて
バーチャルな価値が行き交い増殖する現場

自由な取引を掲げてきた市場だが

その実情は

一部のトップ投資家だけが市場を支配し
巨大なマネーが さらなるマネーを引き寄せる

18ybs62

それが 資本主義のリアルである と指摘します

また セガールは 
実際にトレードをしていた人らしく
金融と政府の関係について言及します

政府からの借金の要請を 銀行などの金融界は断らない

それが現代経済 現代社会の基盤なので
大手銀行は 
政府に金を貸すことで巨大なパワーを持つに至り

政府と大手銀行の関係は
今や 互いに共存する生物のようなものになっている と

いや~ ”あなたの知らない世界” ですね(苦笑)


閑話休題で

さて 
資本の暴走の歯止めともなっていた社会主義が崩壊すると

膨れ上がる資本の運動の勢いは 
止まることがなくなり
グローバリゼーションはさらに加速化したのです

18ybs63

ここで再び セドラチェクとガブリエルが議論します

セドラチェクは こう指摘します

社会主義との葛藤があったから 
資本主義は発展できた

資本主義社会では 
社会主義がやっていることの追試実験ができたので
自らの方針を修正することができたけれど

社会主義社会では 
それができなかったので行き詰まってしまった

18ybs64

そして 
社会主義が崩壊すると 
今度は資本主義が迷走し始めた


ガブリエルはこう答えます

資本主義においては 常にシステムが変化している

昨日の資本主義は 今日の資本主義ではない
そして 創造と破壊のスピードは上がり続ける

こうして考えてみると
資本主義のカウンターパートとしての社会主義の存在は
大きかったのですね

資本主義の暴走の歯止めの役割も果たしていたわけで

その社会主義が崩壊した後に 
金融資本主義が抜鈎するようになった

という歴史の流れは

その時間の流れのさなかをリアルに生きてきただけに 
ちょっと昔を振り返ってみて そうだったのか~! 
と思うようで なんとなく感慨深いです

それにしても

金融資本主義とグローバリズムが推し進めた 
金への偏愛

この路線が先鋭化していったのは
それが人間の本能に根差しているから 
なのでしょうか?(苦笑)

 

高橋医院