ビタミン ミネラルの解説をしてきました
それぞれが
栄養素の代謝をはじめとするさまざまな体内の重要な機能に
深く関わっていることをご理解いただけたと思います

spr01

ところで読み手の皆さん方が
ビタミン ミネラルと聞いてまず思い浮かべるのは

サプリメント ではないでしょうか?

ビタミン ミネラルの話題の最後に
このサプリメントについてお話ししたいと思います

世間では 実に多種多様なビタミンやミネラルのサプリが
出回っています

テレビ 新聞 インターネットなどでのサプリの広告は多く
人気があるので 身近な人との間で情報交換が行われることも多く
ネットや通販などで容易に入手できます

spr02

さらに
世の中には根強い“サプリメント信仰”のようなものがあり
大きな支持が得られています

世界でも イギリス人の35% アメリカ人の50%は
サプリメントを日常的に摂取していると報告されています


<日本におけるサプリメント利用の状況>

日本でのサプリメントの利用状況はというと

愛好者は年々増加していて
最近では約40~60%の人がサプリを利用しているそうです

spr03

また 以前にサプリを利用したことがある人は
約80%に達します

サプリの愛好家は
加齢とともに増加し 男性より女性の方が多いようです

spr04

複数の種類のサプリを同時に摂っている人も多く
51.7%が2種類以上使っていて
5種類以上使っている人も8.2%もいるそうです

spr05

さらに 大人だけでなく子供の使用者も多く
子供の身体の成長や脳の発達のため 
約8〜10%程度の親が
特にビタミンやミネラルのサプリを子供に与えているとのこと

サプリを使用する目的としては

健康の維持・増進や病気の予防
食事で不足している栄養素の補給や強化
疲労回復
美容やダイエット

など 性別や年齢により目的はさまざまなようですが

加工食品を食べることが多く
生野菜や果物を食べることが少ない

そんな現代の食生活の欠点を補うために
ビタミンやミネラルのサプリを利用する人も多く
なかには野菜サラダ代わりにサプリを飲んでいる人もいるとか

spr06

<サプリは本当に効果があるのか?>

世間に出回っているサプリの広告では
心臓病や老化が防げるとか がんの発症を抑制できるとか
色々な効果が喧伝されています

しかし 実際のところ その効果は不明なのです

spr07

サプリの服用が普通の食事より
健康によいことを証明した科学的根拠は
十分にあるわけではありません

抗酸化作用を有するビタミン ミネラルである
カロチン ビタミンE セレニウムなどのサプリは
動脈硬化の予防などに効果があると言われてきましたが

最近の研究で
心臓疾患への効果は全くないことが明らかになりました

spr08

そればかりか
ビタミンEを過剰摂取すると
出血性脳卒中の発症率が高くなり

spr10

喫煙者がカロチンを過剰摂取すると
肺がんの発症率が高くなることが
報告されています

spr09

また マルチビタミンのサプリも
死亡率 慢性疾患の罹患率を下げる効果は全くないことが
明らかにされています

サプリメント信仰者には
気に入らないデータかもしれませんが

実は世間で言われているほど
ビタミンやミネラルのサプリの効果は芳しくないようです

むしろ最近では
サプリ使用のリスクすら喚起されています

次回に詳しく説明します

 

 

高橋医院