微量ミネラルの解説 いよいよ最終回です

<ヨウ素>

甲状腺ホルモンの材料で 甲状腺に70~80%存在します

i01

血中に取り込まれたヨウ素
過酸化水素甲状腺ペルオキシダーゼの働きで
ヨウ素を3個結合したT3 4個結合したT4 になります

i02

日本人の食生活では
海藻類などヨウ素が含まれる食品を摂る機会が多くあるので
摂取不足になることはありません

i03

逆に 海藻などを過剰に食べ続けた場合
甲状腺機能低下甲状腺腫になることが報告されています

実際 甲状腺機能異常がある患者さんが
ヨウ素摂取を制限するだけで 
機能が改善することがあります

i04

一方 ヨウ素が欠乏すると
ホルモンの合成が上手くいかず 
甲状腺機能低下が起こります

妊娠中に欠乏すると
死産 流産 胎児の先天異常などのリスクがあるので
注意が必要です


<マンガン>

ミトコンドリアの多い組織に ごく微量存在しています

mn01

@働き

抗酸化酵素のスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の構成成分として
抗酸化作用に関わります

mn02

骨代謝 糖や脂質の代謝関連酵素にも含まれ
それらの機能発現に関わっています

@多く含まれる食物

豆類 穀類に多く含まれています

mn03

@欠乏症

不足すると 成長異常 平衡感覚異常 全身倦怠感
糖尿病(インスリンの合成能力が低下するため)
骨がもろくなる
といった症状が起こり得ますが

通常の食生活をしていれば
マンガンが不足することはありません


<モリブデン>

体重1 kgあたり約0.1 mg含まれていて
骨 皮膚 肝臓 腎臓などに存在しています

尿酸合成に関わるキサンチンオキシダーゼ

mb01

アルコール代謝に関わるアルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH

mb02

などの酵素の構成成分で

尿酸 アルコールの代謝に関わっています


<クロム>

糖代謝に関与しています

cr01

細胞内で
クロモデュリンというタンパクに結合して活性化すると
クロモデュリンは インスリン受容体に結合して
細胞内のインスリン刺激伝達を促進し 
糖の取込みを促進します

cr02

したがって クロムの欠乏は耐糖能低下を引き起します

cr03

亜鉛のインスリンを助ける働きを紹介しましたが
クロムにもインスリンの情報伝達を助ける働きがあり
こうした微量ミネラルと糖尿病との関連も注目されています

CrZn

また
コレステロール タンパク質の代謝にも関わっていて
クロム摂取によるLDLコレステロールの改善も
報告されています

cr04

マンガン モリブデン クロムは
健康な人が通常の食事をしていれば
欠乏症や過剰症はほとんど見られないとされています

 

高橋医院