量ミネラルの解説を続けます

<コバルト>

@働き

ビタミンB12の構成成分で
赤血球やヘモグロビンの合成に必要な
鉄の吸収を促進する働きがあり
必須のミネラルとされています

co01

コバルトが足りない場合
鉄だけを摂取しても貧血は改善しません

co02

このように
ある栄養素が
他の栄養素の吸収を促進または阻害することがありますので

普段の食事は 動物性食品や植物性食品だけに偏らないよう
バランスのとれた内容にすることが重要です

@多く含む食品

動物性食品など
ビタミンB12を含むものに含まれていますが

納豆 もやしなど以外の植物性食品には
あまり含まれていません

co03

@欠乏症 過剰症

健康な人が通常の食生活を送っていれば
欠乏症や過剰症は ほとんど起こらないとされています


<亜鉛>

@機能

酵素をはじめとするさまざまな分子の中に存在し
その分子の機能発現を助けることで
多くの働きを示します

zn00

*300種類以上の酵素の構成成分

さまざまな働きを示す酵素の機能発現に関与し
特に核酸の合成 代謝 細胞分裂に関わり 
発育や成長を助けます

zn01

*抗酸化酵素・SODの構成成分です

cu06

インスリンの働きに不可欠で 
 亜鉛不足は糖尿病発症にも関わります

zn02

zn02a


*免疫系の機能発現 バランス調整に関わっています

zn03

*皮膚の形成や保護にも関わります


@Znフィンガー構造

亜鉛は分子内に
他の物質が結合できる結合手を4つ持ち(フィンガー構造)
その働きにより
亜鉛を含む分子の立体構造の維持に貢献しています

zn04

つまり 亜鉛が欠乏すると
そのタンパク質は立体構造を維持できなくなり
分解されやすくなるのです

上述したように
亜鉛がさまざまな分子の機能発現に関わるのは
こうした特徴的な構造によるところが大きいと考えられます

また DNAに結合して転写を促進する転写因子の分子内に
Znフィンガーが存在することが多いので
亜鉛は遺伝子発現調節にも影響します

zn05

@不足しやすい

微量元素欠乏症のなかで 亜鉛欠乏症は最も多く見られ
特に 小児 老人 ダイエット中の人に多い

欠乏すると
味覚障害 嗅覚障害 皮膚炎 食欲不振 免疫機能の低下
などが起こります

特に味覚障害との関連は注目されていて
亜鉛の補充により症状が改善することがあります

zn06

@多く含まれる食品

牡蠣 肉類 魚介類 豆類 味噌 種実類 穀物など
多くの食品に含まれています

zn07

@過剰症

亜鉛を含む食材を食べても
普段の食事だけで亜鉛が過剰になることはありません

しかし 薬剤として亜鉛を継続的に過剰摂取した場合は
胃の障害 免疫障害 神経症状などが出ることがあるほか
銅や鉄の吸収を妨げることがあります


<セレン>

@働き

体内の過酸化物質から細胞を守り
抗酸化酵素・グルタチオンペルオキシダーゼなどの
構成成分として機能しています

se01

甲状腺ホルモンを活性化する酵素など
他の酵素の構成成分としても働いています

se02

@欠乏症

吸収されやすいため
欠乏の心配はほとんどないとされています

@過剰症

毒性が強いとされているので
サプリメントなどでの過剰な摂取はリスクが伴います

脱毛 爪の変形 胃腸障害 神経障害 心筋梗塞などが
起こるリスクがあります

 

高橋医院