今年3月17日

アイルランドの首都ダブリンのパブでは
国民のお酒のギネスの在庫が無くなったと思われます

snirgs14a

だってその晩 アイルランドは
ラグビーの北半球王座を決定するシックス・ネイションズ
イングランドを破って見事に栄冠を勝ち取ったのだから

snirgs14

そして8か月後の11月17日
再びダブリンのパブでは
ギネスが無くなったのではないでしょうか?

だって 今度はなんと 113年も待っていた夜が来たのだよ!

abir1801

はい オールブラックスのヨーロッパツアー

先週のイングランド戦に続いて 

アイルランドのホーム・ダブリンで
北半球1位のアイルランド対南半球1位のオールブラックスの
いわば今年の世界一を決める試合が行われました

abir1802

勝利したのは なんと アイルランド!

abir1803

地元スポーツ紙は大騒ぎです!

abir1804
abir1805

だって
ダブリンでアイルランドがオールブラックスと最初に戦ったのは
今を去ること113年前

それ以来16戦していますが 
1回引き分けただけで あとはずっと負けでした

新聞のヘッドラインに 
Historical の文字が踊るものうなずけます!

先週1点差でイングランドをくだし
意気揚々のオールブラックス

abir1807

ホームに迎え撃つアイルランド

abir1808

どちらの方がイケメンが多いかな?(笑)

読み手の皆さんは
アイルランドの大統領を見られたことはありますか?

書き手はシックス・ネイションズ以来2回目です(笑)

abir1809

さて 試合は最初から緊迫した攻防となり
アイルランドのフォワードが
スクラムやモールで予想外の強さを見せ
あわやトライを奪いそうになります

 abir1810

特筆すべきが モールやラックでのアイルランドの強さ!

巨漢レタリックも仰向けに押し倒される勢い

abir1811

オールブラックスが持ち込んだボールに
しっかりと絡みついて
鉄壁の防御を見せ 逆に相手の反則を誘います

abir1812
abir1813

Discipline デイシプリン

ラグビーの世界ではよく使われる言葉ですが
困難な状況でも規律を守って
決して反則を犯さないこと

この夜のアイルランドにはデイシプリンがあり
オールブラックスにはそれがなく 
オフサイドの反則を繰り返していた

試合後の色々なスポーツ紙の解説では
このデイシプリンのことが一番に取り上げられていました

前半はお互いPGやドロップゴールだけで9-6のロースコア

そして後半

攻め込んだアイルランドは
ゴール前でオールブラックスの背後に
小さなパントを上げます

abir1814
abir1815

それがウイングの胸におさまり そのままトライ!

abir1816
abir1817

バレットやマッケンジー(仰向け)の必死のタックルも
実りませんでした

abir1818
abir1819

そしてオールブラックスをノートライに抑え 
16-9で会心の勝利

abir1820

オールブラックスがノートライで負けたのは 
2000年代になって初めてとか?

歴史的な瞬間を演出した選手も
幸運にもその時に遭遇したサポーターも
大喜び!

abir1821
abir1822

スタンドのすさまじい喜びや熱気が伝わってくるようです

ちなみに この夜のダブリンは気温7℃だったそうで
湯気が立っていたのではないかな?(笑)

abir1823
abir1823a
abir1823b

オールブラックスは
惜しいハンドリングミスや
アンラッキーなボールの動きもありましたが

でも スタッツ(プレイの統計)を見たら
内容的にもオールブラックスの完敗は明らかですね

abir1824

充実した表情で引き上げるアイルランド

abir1825

対照的にうなだれて意気消沈のオールブラックス

こんな表情のオールブラックスを見るのは久しぶりです

abir1826

試合後のロッカールームは
まるでお通夜のようだったとか

abir1827

マッケンジーも今日は見せ場を作れず
頭を負傷したのか後半途中で交代してしまいました

でも スポーツ紙の評価は
オールブラックスのなかではいちばん高かった

abir1827a

試合前にはにこやかに懇談していた
オールブラックスのハンセンコーチアイルランドのシュミットコーチ

abir1829

実は二人ともニュージーランド人で
シュミットさんは近い将来
ハンセンさんの跡を継いでオールブラックスを率いるのでは?
と噂されています

abir1828

試合後の記者会見でシュミットさんは
今日の試合には勝てたけれど
まだ世界一のチームはオールブラックスだと
謙遜していましたが

嬉しそうだったな!(笑)

abir1830

一方のハンセンさんは
さすがに苦虫を噛みつぶす表情で
アイルランドこそ世界一のチームにふさわしいと
相手を讃えながら

abir1831

今日のオールブラックスは
ボールを動かすことができず
自分たちのやりたいことが全くできなかったが

それはひとえにアイルランドが
密集でのボールの奪い合いに勝っていたから

と敗因を分析していました

確かに オールブラックス自慢のバックスが走る場面が
ほとんど見られませんでした

そして ああした状況を打開できなかったとして
スポーツ紙では
スタンドオフのバレットが珍しく低い評価を受けていました

来年のワールドカップまであと1年
ここで負けたことをどのように糧にするかが問われる

ハンセンさんは
自らやチームに言い聞かせるように語っていました


書き手は アイルランドのプレーは結構好きなのですよ
少なくともイングランドより好きです

だからこの結果は 嬉しいような悲しいような?(苦笑)

確かにオールブラックスにとっては
この時期に負けておくのは
むしろ良かったのかもしれません

はたして どう立て直してくるか?  それも楽しみです!

abir1832


そうそう この試合の数時間前には
トイッケナムでジャパンがイングランドと試合しました

前半 なんと2トライも奪って
15-10とリードして健闘しましたが

je1801
je1802

後半 イングランドが
SOのファレルなどのレギュラーを入れてきたら
あっさりと逆転されてしまいました

je1805

でも試合後の記者会見でエデイさん
かつての教え子たちの成長ぶりを
嬉しそうに褒めたたえていました

je1807

来年のワールドカップ
日本は予選でアイルランドと戦わないといけないのですよね

色々な意味で
来年のワールドカップが楽しみになってきました!

je1808

ちなみにこのおふたかた
来年のワールドカップの公式マスコットの親子の「レンジー

連獅子からネーミングされたそうですが ちょっと微妙?(苦笑)

 

高橋医院