多量ミネラルの代表選手 
ナトリウム について説明します

ナトリウムは 塩分 主たる成分です

<働き>

@体液量の調整

後述する機序により 細胞外液量(体液量)を調整します

@神経細胞の興奮 情報伝達

神経細胞が神経伝達物質などで刺激を受けると
細胞外に存在する主たる陽イオン(プラスに荷電している)の
ナトリウムが細胞内に流入し

神経細胞が活動していない時は 
マイナス状態にある細胞内の電位が
負から正に変換され
神経細胞が興奮するのに必要な「活動電位」が生じます

na01

na02

こうして生じた活動電位・電気的勾配を利用して
神経細胞の興奮 情報伝達が起こります

@糖やアミノ酸の共輸送

糖やアミノ酸は
ナトリウムと一緒に
エネルギー非依存性に細胞内に運び込まれます

na03
na04

栄養素を細胞内に取り込む現象に
ナトリウムは貢献しているのです

<体液量はナトリウム濃度で規定される>

@細胞内液と細胞外液

体内に存在する水分(体液)は

*細胞の中に存在する細胞内液 体重の約30~40%
*細胞の外に存在する細胞外液 体重の約20%

に大きく分類されます

細胞外液の約1/4は 血管内に血漿として存在しています

na14

細胞内液と外液は 細胞の細胞膜により隔てられていて
両者間の電解質や糖質などの物質の移動には
巧妙な調節機構が働いています

また 水分は後述する浸透圧により両者間を移動します

na15

@ナトリウムは細胞外液に多く存在します

55%は細胞外液
43%は骨
2%は細胞内液

に存在しています

na05

細胞外液は海水と構成成分が似ていて
ナトリウムとクロールが多いのです

na06

この細胞外液のナトリウムが
血液の浸透圧を規定しています

ナトリウム量が多いと
浸透圧により細胞内から細胞外へ水を引っ張り出して
細胞外液量が増えるのです

一方 あとで解説しますが
細胞内にいちばん多く存在するのはカリウムです

na16

<浸透圧とは>

生体内では 細胞内液と細胞外液の間に
ナトリウムなどのイオンや糖などの
分子の濃度に差があるとき
それをなくして同じ濃度にしようとして
細胞内外で水分が移動します

この水分の移動の原動力となるのが 浸透圧です

na07

浸透圧を規定するのは イオンや糖の分子の総和で
それが多いと浸透圧は高く 少ないと低い

細胞内外を隔てている細胞膜は
イオンや分子の通過は制限しますが
水は自由に通す性質があります

この性質を利用して
細胞内外のイオンや分子の濃度が等しくなるように
つまり浸透圧が等しくなるように
水が勝手に移動するのです

na08

細胞外の浸透圧が低いときは
細胞外から細胞内に水が移動し

細胞外の浸透圧が高いときは
細胞内から細胞外に水が移動します


<細胞外液のナトリウム濃度を調節するシステム>

ナトリウムは小腸から吸収され
吸収されたのと同じ量が尿に排泄され
出納のバランスが保たれています

細胞外液(血中)のナトリウム濃度を
調節するシステムとしては
下記のふたつのシステムが存在します

@レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系

*レニンは
 アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンIに分解します

アンギオテンシンIは アンギオテンシンI変換酵素により
 活性の高いアンギオテンシンⅡに変換されます

*アンギオテンシンⅡ 腎臓の尿細管でのナトリウム再吸収を促進します


また レニンは副腎からアルドステロンを分泌させ

アルドステロン
 遠位尿細管 集合管でのナトリウム再吸収を促進します

na09

このように アンギオテンシンⅡとアルドステロンは
腎臓でのナトリウムの再吸収の促進により
血中ナトリウム量を増やし

その結果 細胞外の浸透圧が上がるので
細胞内から細胞外に水分が移動して
血管内の細胞外液量(血漿量)が増えて
血管内圧が高まることで 血圧が上昇するのです

こうしたことから
レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系は
降圧薬のターゲットになっています

na10

高血圧症の治療で使われることが多い
アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)
アンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)
このレニン・アンギオテンシン系の阻害により
降圧作用を発揮します

@抗利尿ホルモン バゾプレシン

塩分を多く摂ると 血中ナトリウム濃度が増えますが
その情報が脳に伝えられると

喉の渇きが自覚され 飲水行動が起き

下垂体後葉から抗利尿ホルモンのバゾプレシンが分泌され
尿量が減少します

こうして細胞外液量が増え
血中ナトリウム濃度が調整される仕組みも存在します

na11

どうしてこういう仕組みがあるのでしょう?

ヒトのご先祖様は
大昔は海中で暮らしていたので 海が恋しい

そこでナトリウムを体内にできるだけ取り込み
それを保つことで
細胞外液を海水に似た成分構成にしようとした

そんな理由で
ナトリウムを溜めこみやすい体質になったのではないか
と言われています

na13


<ナトリウムと高血圧症>

塩分を摂りすぎて 血中ナトリウム濃度が増加すると
上述した機序により細胞外液量が増え 血圧が上がります

na12

高血圧症の患者さんが塩分制限を求められるのは
こうした理由によります

新しい降圧薬が開発されても
高血圧治療の基本は塩分制限なのです

 

高橋医院