ミネラル
体のなかで下図に示すような多種多様な働きをしています
mine21
このうちの代表的な働きについて説明します

<体の構成成分になる>
骨や歯などの硬組織を形成する
 カルシウム リン マグネシウム など
mine22
ヘム鉄 リン脂質といった
 赤血球や細胞膜などを構成する生体内の有機化合物や
 さまざまな酵素の構成成分になるミネラルがあります


<補酵素として 代謝反応を円滑に進ませる>
ミネラルは
生体内で日々営まれている重要な代謝活動をサポートします

@化学反応を進行させるのは 酵素

*代謝反応は
 体外から取り入れた栄養素を分解し
 吸収された栄養素を身体に必要な物質に再合成する
 重要な化学反応です

*代謝反応では 酵素が反応の効率を上げます

*栄養素の代謝だけでなく
 DNAの複製・タンパク質の合成などの反応においても
 多くの酵素が重要な役割を担っています
@ミネラルは 補酵素として酵素の働きをサポートする
*酵素の働きをサポートして
 化学反応を円滑に進める役割を担っているのが 
 ミネラルやビタミンなどの補酵素です
*ミネラルはビタミンと力を合わせて
 酵素の働きを活性化します
mine23a
*ミネラルが不足すると 代謝反応が滞り
 体の機能を充分に発揮できない状態になります

*栄養素の代謝反応で代表的なのが
 糖を分解する解糖系 脂質を分解するβ酸化
 それらを材料にしてエネルギー・ATPを作る
 TCA回路 電子伝達系ですが

この過程で働くプロテアーゼ アミラーゼなどの消化酵素
補酵素・補因子として
ミネラルの鉄 銅 モリブデンなどが働いています
mine24
<体内の水分・細胞外液量の調整 浸透圧の維持・調整 pHの調整>

@浸透圧の維持

ナトリウムなどは
浸透圧の維持により
細胞内液と外液の量的・質的なバランスを調整します
(浸透圧についてはあとで詳しく説明します)
mine25
mine25a
@酸・塩基平衡 pHの調整

さまざまな生命活動は
pH7.3ほどの弱アルカリ性の状態で円滑に機能しますから
mine25b
体を酸性に傾ける物質が入ったときには
ミネラルがpHを調整する働きをします


<筋肉の収縮・弛緩 神経の興奮伝達>

カルシウムなどは 筋肉の収縮や 
mine26
神経の興奮伝達に関ります


mine27

<抗酸化作用>

ミネラルそのものが
細胞に有害な活性酸素を直接消去することはありませんが

銅 亜鉛 マンガン セレンは
SODなどの抗酸化酵素の構成成分となり 
抗酸化作用に関わっています

SODの構成成分:銅 亜鉛 マンガン

グルタチオンペルオキシダーゼの構成成分:セレン
mine28
mine29
このように
ミネラルは体内でさまざまな重要な働きをしていますが

互いが複雑に作用しあい
それぞれの吸収 利用 蓄積に影響を与えるので
日々の食生活でのミネラル摂取に偏りが生じないように
バランスの良い食事内容に気をつけることが大切です

 

高橋医院