アルコール依存症の治療は 
実際にどのようにして行われるのでしょう?

治療の目標は
断酒(今後 一生 一滴も飲まない)を続け
その状態を維持することで

aizs21

治癒(適度な飲酒ができるようになること)は 
あり得ない

と 考えられてきました


<従来の治療>

治療は外来でも可能ですが
日本では専門施設への入院治療が主体になります

入院治療は 月単位で

*解毒治療
*リハビリ治療
*退院後のアフターケア

の3段階で行われます

aizs22

心身の回復を図りながら

*病気に関する教育 

*認知行動療法
 どうしてお酒を飲むに至ったか 
 飲まないためにどうすればよいか
 を一緒に考えること

を行います

しかし
治療1年後の断酒率は 
30%程度に過ぎないのが現状です

aizs23

現実は厳しいですね、、、

そして 多くの患者さんは
専門施設への入院を 強固に拒まれます

ご自分が
そうした施設で治療しなければならない状態であることを
認めたくないのでしょう

しかし そこを認めないと
治療が始まらないのです


<患者会>

また 患者会 という組織があり

アルコール依存症を克服された方々が中心となり
患者さん同士で
断酒が続けられるように支え合います

日本各地で組織されていて 代表的なのが

断酒会
AA(Alcoholic Anonymous)

というグループです


<新たな治療>

最近
新しいタイプのアルコール依存症の治療薬が出てきて
治療の様子が少し変わってきました

@抗酒薬

従来からある薬は 抗酒薬 と呼ばれるタイプで

この薬を飲んでいると

お酒を飲むと
動悸 吐き気 頭痛 顔面紅潮 呼吸困難
などが生じるので 

結果的に飲酒を抑制することができます

ノックビン という薬が代表的なものですが

aizs24

二日酔い症状の原因となるアセトアルデヒドを分解する
ALDHという酵素の働きを阻害するので

aizs25

薬の効果がある間に飲酒すると
ひどく悪酔いし 耐え難い悪心 嘔吐を自覚して
その恐怖感により 飲酒行動が制限されます

お酒の誘惑から守ってくれるお守りとして
毎日 起床時に服用するケースが多いようです

@飲酒抑制薬

近新しく出てきた薬は 飲酒抑制薬 というタイプで

脳に作用して飲酒効果を抑え
飲みたいという気持ちそのものを
軽減させる薬です

抗酒剤に比べると
症状が穏やかで 高齢者にも投与しやすく
1日3回 食後に服用します

断酒率を10%程度向上させるとされ
断酒がある程度できている人に効果が出やすいようですが

現在 既に飲酒している人が服用しても
飲酒量を減らせないようです

あくまで断酒が前提なので
抗酒薬との併用や
他の社会心理的な治療との組合せが望ましく
ただ単に飲んでいれば解決するわけではありません

既に発売されているのが レグテクト という薬で

aizs26

2018年には ナルメフェン という薬も
発売される予定です

ナルメフェンは
飲酒の1~2時間前に服用すると
飲酒時の心地よさを感じなくなるため
飲酒量が抑えられ
断酒にともなう心理不安も抑制できます

aizs27

こうした飲酒抑制系の薬剤の登場により
従来の「依存症は断酒」という治療目標が変化し

減酒も治療目標となってきました


アルコール依存症は
早期発見 早期治療が重要

早期から治療に介入できれば
アルコールによる健康や社会的影響が小さく
家族崩壊も未然に防ぐことができます

そういう意味では

軽度の依存症患者を対象にした
飲酒抑制系薬剤による早期介入による減酒
アルコール依存症の新たな治療として
注目されています


<女性のアルコール依存症>

最後に 女性のアルコール依存症 について
解説します

aizs28

既に詳しく述べましたが

女性のアルコール依存症は 昔はまれでしたが
年々増加していて
2008年から13年の間にほぼ倍増

aizs29

平成25年には14万人で
依存症全体の約1.5割を占めると推測されています

aizs30

女性のアルコール依存症には

*短期間で依存症となる

*患者年代のピークが 30代と若い

aizs31

*摂食障害 うつ 自殺未遂など
 様々な精神的問題を抱えていることが多い

*配偶者の大量飲酒や家庭内暴力など
 環境に大きく影響される

*自責感が強い

*周りの気づきが遅い

といった特徴があります

また 以前に説明したように
女性は男性に比べて
アルコール性肝硬変になりやすいので
余計に注意が必要です

女性のアルコール依存症の治療には
男性にも増して 周囲の協力が必要なので
周りにそうした方がおられたら
早目に医療機関にご相談ください


 

高橋医院