CKDにおける生活習慣病の管理の解説を続けます

ckd71

糖尿病

糖尿病性腎症の発症・進展抑制には
厳格な血糖値と血圧のコントロールが重要です

厳格な血糖コントロールにより 糖尿病性腎症の発症・進展を抑制できます

管理の目標は

*HbA1c 6.9%(NGSP)未満 5.8(JDS)未満

*血圧は 130/80 mmHg以下

です

ckd72

また 糖尿病網膜症の合併頻度が高いため
初診時に必ず眼科で網膜症の評価を行い
定期的な眼科でのフォローアップが必要です

@脂質異常症

ckd73a

CKDでは 脂質異常症治療薬のスタチン製剤を用いて
脂質異常症の治療を行うことにより
蛋白尿 微量アルブミン量の減少と 腎機能低下の抑制が期待されます

ckd73

目標は LDL-C値を 120~100mg/dL未満 にコントロールすることです

糖尿病 脳梗塞 閉塞性動脈硬化症の合併がある場合も
LDL-C 120 mg/dL未満を管理目標とします

@高尿酸血症

CKDによる腎機能低下にともなう尿酸排泄低下により
高尿酸血症の頻度は高まりますが

痛風関節炎の発症頻度は それほど高くはありません

ckd74

しかし 女性で血清尿酸値が6.0mg/dLを超えると
末期腎不全のリスクが有意に高まることが報告されており

ckd75

血清尿酸値を下げるために
過食 高プリン・高脂肪・高たんぱく質食嗜好
常習飲酒 運動不足の改善など
生活習慣の改善を指導することが推奨されています

また 腎障害合併例 尿路結石保有例では
尿酸生成抑制薬を使用します

従来から使用されてきたアロプリノールは
腎機能に応じた減量が必要ですが

新たな尿酸生成抑制薬のフェブキソスタット(フェブリク)は
中等度までの腎機能低下例では 腎機能に応じた減量は不要です

さらに
痛風関節炎を繰り返したり 痛風結石を認める場合は
薬物治療の対象となり
血清尿酸値を6.0mg/dL以下に維持することが望ましいとされます

ckd77

痛風発作時の治療として行われる
非ステロイド性消炎薬の短期間大量投与は
CKD では腎機能悪化のリスクが高いため 避けるようにします

このように 生活習慣病がCKD発症に関与している場合は
CKDの進展を防ぐために 厳密な生活習慣病の管理が必要になり
管理がきちんとできていれば CKDの進展は防げると考えられています

 

高橋医院