肥満になる原因は たくさんあります


<食事内容>

やはり いちばんの原因は食事です



どのような栄養素を
制限すればいいのでしょう?



@糖質

巷では 糖質制限ダイエットが好評のようです

このブログでも
糖質制限ダイエットの有用性については
詳細に解説しましたが

当院に通院されている
患者さんたちを見ていても
肥満の男性には効果的な印象があります

実際に 低糖質食は低脂質食よりも
体重減少量が多く 
内臓脂肪減少率も高いという報告があります

しかし
長期間での体重減少効果は
未だ結論が出ていません

リバウンドが比較的多いのも問題です


@脂質

脂質の長期的制限は 
体重増加抑制に有効とは言い切れない
との報告があります

脂質の過度の摂りすぎは
肥満につながりますが

脂質制限による減量効果は
疑問視されているようです


@タンパク質

高タンパク質(エネルギー比率25%)の食事だと
体重 脂肪の減少率が大きいことが
報告されています

タンパク質の摂取にともない
熱産生量が増え 
満腹感を得やすいためと推定されていて
長期の体重減少維持にも関与すると
考えられています

減量には 
むしろタンパク質をたくさん食べた方が良い
ということです


<食行動>

@早食いは 肥満につながります



早食いだと
満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまい
摂取カロリーが過剰になるからです

食べる速さは
エネルギー摂取量とは独立した
インスリン抵抗性の危険因子です

つまり 量的に食べ過ぎでなくても

食べるスピードが速ければ肥満になり
インスリン抵抗性が惹起されてしまいます

また 早食いは
血糖 インスリンの急峻な上昇を介して
脂肪蓄積を促します


@朝食の欠食も 太る原因になります

朝食を食べないと
昼食や夕食での過食をもたらし
過食は食後のインスリン値を上昇させるので
肥満を誘導します



3食しっかり食べて
朝昼食はしっかり 夕食は控えめにすることが
効果的です




<飲酒>

男性で影響が大きいとされています

特に 飲酒量が多い場合は
エネルギーの過剰摂取が生じ
肥満が誘導されます

飲酒にともなう脂っこいおつまみの摂取も
肥満の原因になります



但し 少量~中等量の飲酒なら
体重増加リスクは上昇しません

また
アルコールの種類は影響しないとされています


<身体活動>

身体活動の増加は 減量につながります

特に男性では 女性より効果的です



また 座位時間が長いと肥満が増加します



日本人は
座位時間が長いと指摘されていますから
要注意です



また テレビ視聴時間が長いと 
やはり肥満につながります




<睡眠>

短時間睡眠は
体重増加と関連するとされています



睡眠不足による
空腹感の増強 摂食回数の増加
レプチン低下 グレリン増加
などが 肥満の原因と推測されています


<喫煙 禁煙>

@喫煙

重度の喫煙者は
肥満度が高くウエスト周囲長も大きく

喫煙本数と内臓脂肪量は正の相関を示すことが
報告されています



@禁煙

禁煙の解説でも紹介しましたが

禁煙後には
体重増加をきたしやすい傾向があります

こうした場合
身体活動量が少ないことが多く
運動量を増加させれば太らないことが
明らかにされています


<心理的 社会的要因>

@心理的要因

ストレスが多いと肥満になりやすいので
注意が必要です

特に女性は
慢性的なストレス状況下では
過食に陥りやすく太りやすい



@社会的要因

*食料品店 ファーストフード店が
 家のそばにたくさんあり アクセスが良い

*公共交通機関が乏しく 自家用車での移動が多い

といったことが 肥満と関連します


特にコンビニで
夜にカロリーの高い食材を買って食べてしまうのは
たいへん危険です


<職業要因>

@時間外労働が多いと
 夕食の時間が遅くなるので
 肥満になりやすいので注意が必要です


@深夜勤務者

明け方のエネルギー摂取量 油脂 アルコール摂取量が多く
1日の消費エネルギー量が日勤者に比し有意に低いので
太りやすいことが報告されています

@単身赴任者

朝食の欠食が多く 
単身ストレスがある人は飲酒量が多くなります

肥満度とは関連しないと報告されていますが
要注意です


<性ホルモン 加齢>

日本では 30歳以降に肥満者は急増し
男性は40~70歳代の全年代
女性は40~50歳代で増加します

基礎代謝により
摂取カロリーを消費してくれる骨格筋量は
男性で加齢とともに低下しますが
これには遊離テストステロン量が関連します

また 男性は
加齢により男性ホルモンのアンドロゲンが低下し
総脂肪量 腹部脂肪量が増加します


一方 女性は
閉経後の女性ホルモンのエストロゲンの低下により
腹部皮下脂肪 内臓脂肪量が増加します






高橋医院