病気のブログ

  • 胃の中にピロリ菌がいると どうなるのか?

    ピロリ菌が  ヒトの胃のなかに持続的に住みつづけることができる 特異な細菌であることを説明しましたが では ピロリ菌が持続感染していると 胃はどうなってしまうのでしょう? <ピロリ菌により 萎縮性胃炎 胃がんが発症する> […]

    2015.11.27

  • ピロリ菌

    健診などで 「ピロリ菌に感染しています」 と指摘されて 来院される患者さんは少なくありません マスコミなどでも ピロリのことはよく話題になりますので 名前を聞いたことがある方も多いでしょうが いったいピロリ菌ってナニ?  […]

    2015.11.26

  • 体質って なんだ?

    「どうしてこんな病気になったのでしょう?」 「それは体質によるものですよ」 診察室で患者さんと そうした会話をすることがよくありますが 体質というのは 実はわかったようでわからない代物で 症状や検査値の異常が説明できない […]

    2015.11.24

  • エピジェネティクスと治療

    これまで説明してきた エピジェネティクス修飾と さまざまな病気との関連が まさに日進月歩で解明されています <エピジェネテイクス制御動態の網羅的解析> 現在主に行われている研究は EWAS(Epigenome Wide […]

    2015.11.20

  • ヒストンコード

    エピジェネティクス制御のもうひとつの柱  ヒストン修飾 の解説をします <長さ2mのDNAが直径10μmの核の中に納まれている理由> 個人向け遺伝子検査の話題で  遺伝子の解説をしたときに 全長2mもの長さの遺伝子が  […]

    2015.11.19

  • DNAのメチル化

    遺伝子発現のエピジェネティクス制御は  大きく分けて *DNAのメチル化 *ヒストンの化学修飾 のふたつの機序により遂行されます 今回は DNAのメチル化 について説明します <DNAのメチル化とは?> DNAは以前にも […]

    2015.11.18

  • 脳と心臓の細胞は何が違う?

    エピジェネティクスとは *DNAの塩基配列の変化はない けれど *ゲノムが後天的に修飾される ことで *遺伝子発現パターン (どの遺伝子が読まれ 読まれないか)が決まり *それにより  作られるタンパク質の種類や量が違っ […]

    2015.11.11

  • エピジェネティクスってなに?

    ヒトの体質を知らぬ間に決めているという  エピジェネティクス いったい 何なの? 実はエピジェネティクスは お母さんのお腹のなかにいるときの メタボリック・メモリー形成だけでなく さまざまな重要な生命現象や  病気の発症 […]

    2015.11.10

  • 太るかどうかは 生まれる前に決まる?

    「成人病の胎児起源説」 という説があります ある人が  将来 太りやすい 生活習慣病になりやすいかどうかは お母さんのお腹にいる間に決まる  という考え方です この説を裏付ける有名な研究が  第二次大戦中にオランダで行わ […]

    2015.11.06

  • ノロウイルスによる食中毒の予防法

    2014年の食中毒発生状況によると ノロウイルスによる食中毒は *事件数では総事件数976件のうち293件(30%) *患者数では総患者数19355名のうち10506名(54.3%) で 年々増加傾向にあります そこで  […]

    2015.10.29

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top