趣味ブログ

  • 77歳の膨らんだほっぺた

    10連休の初日の土曜日の午後 東京フォーラムに ジャズを聞きに行きました East meets West 2019 アメリカのベーシストの ウイル・リーさんが企画された 欧米と日本のミュージシャンが 集うセッションです […]

    2019.05.20

  • 日々の生活のなかのエレガンス

    脚本家の大石静さんが フランスのエレガンスを訪ねる旅 番組の後半では ショーメの工房を出て パリの街にエレガンスを求めます @マルシェの魚屋のおしゃれな店主 ちょい悪オヤジ風のリュックさんは マルシェに出ているときの 自 […]

    2019.05.17

  • ヴァンドーム広場のエレガンス

    かれこれ 1年前のことになりますが 三菱一号館美術館で開かれていた ショーメ展 なかなか見に行く機会がなく 期間終了間際に尋ねたら凄い長蛇の列で 仕方ないのでショップで図版だけ 買ってきましたが NHKの「エレガンスの舞 […]

    2019.05.13

  • 「演じる」と「生きる」の違い

    アラン・ドロンの話を続けます インタビューは 彼のパリの定宿である ホテル・ムーリスの スイートルームで行われました タキシードを着崩し ノーネクタイで 長い水色のマフラーを粋に纏い 現れたアラン 80歳を越えただけあっ […]

    2019.05.10

  • 太陽がいっぱい

    懐かしい 書き手はこの映画を 中学生の頃に見て かなり夢中になりました それ以降  何回見ていることでしょう(笑) この映画で俳優としてデビューした アラン・ドロンが 昨年 60年間の俳優生活に別れを告げ  81歳で引退 […]

    2019.05.06

  • お勉強は尽きません!

    1年で いちばん大切な日! 今年の “非日常の晩餐” の場は 銀座1丁目 レンガ通りにある 某レストラン フランスのコニャック地方ご出身の シェフのお名前が お店の名前になっています 隠れ家のようなエントランス まるで  […]

    2019.05.04

  • クラフト・ジン

    一時期 ウオッカに押されていたジンですが 1980年代後半になると復活してきます きっかけは  1987年に発売された ボンベイ・サファイア それまでは秘伝だったボタニカル・レシピを公開し 使われている10種類のボタニカ […]

    2019.05.03

  • ジンはイギリスからアメリカへ

    前回説明したように 18世紀ロンドンの狂気のジン時代のジンは 砂糖を加えた甘ったるい粗悪な品質でした しかし  19世紀半ばに連続式蒸留器が発明されると これまでより飛躍的に雑味が少なく 度数の高いスピリッツが 蒸留でき […]

    2019.05.02

  • ジンはオランダからイギリスへ

    ジンは 「錬金術的なスピリッツ」 と言われます なぜなら 穀物とジュニパーという単純な原料から 神秘的な香りの“霊薬”を造りだすから そして 「オランダ人が生み   イギリス人が洗練し  アメリカ人が栄光を与えた」 お酒 […]

    2019.05.01

  • ボタニカル

    ジンの爽やかな香味を造りだす ボタニカル 今日はジンの生命線ともいえる ボタニカルの説明をします ボタニカルは ハーブ スパイス 果皮などの草木木皮  のことを言います ジンを造るときは 5〜10種前後のボタニカルが使用 […]

    2019.04.30

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top