趣味ブログ

  • 哲学ってなんだ?

    岡本さんの哲学の本を紹介したので 書き手が若い頃に憧れていた 哲学について紹介しようと思います <常識を疑う学問> 哲学は「常識を疑う学問」とよく言われます 通常の概念を批判し 検討し 根拠づける 通常では疑わないような […]

    2021.02.07

  • 注目される肉もどき

    代替肉  という言葉を 見聞きしたことがあるでしょうか? 昨年あたりから  色々なマスコミに登場して 目にする機会が増えてきました 代替肉は 大豆などを原料にしたり 実際の肉から採取した細胞を エンジニアリングしたりして […]

    2021.02.05

  • エマニュエル・トッドが語るコロナ後の未来・4

    トッドさんは最後に コロナ後の世界について語ります <コロナ危機に対応できる理想的なリーダー像とは?> トランプやジョンソンのようなポピュリストと マクロンのようなエリート主義者は 同じもので どちらにしても社会を分裂さ […]

    2021.02.01

  • 哲学者はポストヒューマンをどう見ているか?

    哲学者たちは  こうしたポストヒューマンは状況を どう考えているのでしょう? 「言葉と物」を著し (書き手も学生時代に齧りました 懐かしい!) 構造主義 現象学の旗頭だったフランスのフーコーは バイオテクノロジーは 今ま […]

    2021.01.31

  • ブドウの収穫は満月の夜に

    ビオディナミ農法で用いられる 特徴的な手法について説明します <プレパラシオン> ビオディナミ農法では 「満月の夜に水晶の粉をまく」 「牛の角を土に埋める」 といった ちょっと怪しげな農作業が行われます 実はこれは 自然 […]

    2021.01.29

  • エマニュエル・トッドが語るコロナ後の未来・3

    トッドさんは 世界情勢の分析を始めます <米中対立は何を生み出すか?> 米中対立の根底にあるのは アメリカのグローバリゼーション疲れで アメリカの対中貿易の赤字は ここ20年間で5倍も増えていて グローバリゼーションの歪 […]

    2021.01.25

  • 受精卵のゲノム編集は許されるか?

    バイオテクノロジーの進歩が 新たに生み出す社会的問題 論争点として 最近注目されているのが 受精卵に対する遺伝子操作 ゲノム編集を認めるべきか? ということです ゲノム編集については このブログで既に詳しく解説しましたし […]

    2021.01.24

  • エマニュエル・トッドが語るコロナ後の未来・2

    トッドさんは お得意のグローバリゼーション批判をしたあと 未来の社会の形を展望します <グローバリゼーションに代わる経済や社会の在り方は?> パンデミック下では 国内への回避政策が起こり 国家の役割が見直されている こう […]

    2021.01.22

  • ビオディナミ農法のワイン造り

    ビオディナミ農法のワイン造りの話を続けます そもそも自然派ワインは 現代的なワイン造りへのアンチテーゼから始まりました 第2次世界大戦後 農薬や化学合成肥料がワイン業界を席巻し 生産者たちの労働は軽減されましたが 土壌や […]

    2021.01.21

  • エマニュエル・トッドが語るコロナ後の未来

    NHKのBS1スペシャル コロナ危機 未来の選択 世界の知性が語る「コロナ後の未来」 という 世界の識者にインタビューする番組に 昔 紹介したエマニュエル・トッドが出演していました 最近 あまり見かけなかったので懐かしい […]

    2021.01.18

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top