病気のブログ

  • 線維化の診断と治療

    最後に 線維化の診断と治療 について説明します <線維化の診断とステージング> @組織生検 診断 ステージングには 組織学的診断がゴールドスタンダードになるので 組織生検が必要になります しかし 生検は簡単に行えるもので […]

    2021.07.29

  • 線維化に関与するマクロファージ

    線維化には 前回紹介した以外のさまざまな因子も関与します <マクロファージ> @線維化の維持 分解の各過程に影響を及ぼします *ECMのリモデリングによる直接的作用 *活性化された筋線維芽細胞の制御による間接的作用 によ […]

    2021.07.28

  • 筋線維芽細胞活性化に関わる因子

    前回紹介した筋線維芽細胞は さまざまな因子の刺激により活性化されます <線維芽細胞の活性化因子> 線維芽細胞の活性化には *ケモカイン *炎症性サイトカイン (TGF-β PDGF IL-1β IL-6 IL-33 TN […]

    2021.07.27

  • 線維化の主役 筋線維芽細胞

    線維化反応の主役は ECMを産生する筋線維芽細胞です <筋線維芽細胞とは?> 線維芽細胞は 炎症部位に遊走 集積し 活性化されてECMを産生し 線維化の中心的な役割を果します 創傷治癒過程で炎症が起こると さまざまな刺激 […]

    2021.07.22

  • 病的な線維化が起こる機序

    病的な線維化が起こる機序について解説します <病的な線維化が誘導される要因> 病的な線維化の誘導は 持続的な組織傷害により生じますが その原因として以下のようなものがあります @持続的感染 皮膚や粘膜に存在する細菌が 持 […]

    2021.07.21

  • 慢性炎症から病的な線維化・臓器不全へ

    以前 糖尿病 動脈硬化 肥満 脂肪肝など さまざまな生活習慣病の病態に 慢性炎症が関与していることを紹介しました その時に 慢性炎症が持続して 炎症・修復が繰り返されると 組織内で「組織リモデリング」が起こり 機能が低下 […]

    2021.07.20

  • 周期性四肢運動障害

    もうひとつの睡眠関連運動障害の 周期性四肢運動障害(PLMD) について説明します <どんな病気?> 夜間睡眠中に 周期的に何度も足や手がぴくついて 目が覚めて深く眠れない病気です 高齢者に多く 不眠は訴えるのですが そ […]

    2021.07.15

  • むずむず脚症候群

    睡眠時無呼吸症候群は 睡眠時に呼吸回数が低下して 睡眠の質が悪くなりますが 睡眠時に 身体の運動や行動異常が生じ そのために睡眠の質が悪くなる病気があり 「睡眠関連運動障害」 と呼ばれます あまり聞いたことがない病気だと […]

    2021.07.14

  • 睡眠時無呼吸症候群の治療

    睡眠時無呼吸症候群の治療の基本は 生活習慣の改善です <生活習慣の改善> @横向きで寝る 最も簡便な対策は 横向きで寝ることです しかし 気道閉塞の強い患者さんでは効果がないこともあり 横向きでは寝られないという患者さん […]

    2021.07.13

  • 睡眠時無呼吸症候群と心血管疾患との関連

    睡眠時無呼吸症候群は 心血管疾患とも深く関連します <睡眠時無呼吸症候群は心血管疾患と深いつながりがある> @睡眠時無呼吸症候群の心血管疾患への影響 睡眠時無呼吸症候群の 睡眠中の低酸素血症により交感神経が過緊張状態にな […]

    2021.07.08

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

  •                                       03-3551-5955 時間 09:30~13:00/15:00~18:30 休診日 月曜午後・金曜午前・土曜・日曜・祝日03-3551-5955 時間 09:30~13:00/15:00~18:30 休診日 月曜午後・金曜午前・土曜・日曜・祝日

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top