脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン

それぞれのたくさんのメンバーについて説明しましたが
最後にまとめをしたいと思います

ビタミンは
ヒトの生体内で日々行われている活動において
決して主役ではありませんが
なくてはならない重要な脇役です

脂溶性ビタミンの A D E K
それぞれ特徴的な働きを有しています

vitm06

一方 水溶性ビタミンの中心となるビタミンB群
8種類のメンバーがいて

主に代謝に貢献しています


vitb01

ヒトの体の活動の基本は
細胞のなかで 食物から摂った栄養素を酸素を利用して
エネルギー(ATP)に変えることです


mt energy2

そのため
食物から摂取したタンパク質 脂質 糖質の三大栄養素
細胞内で分解・代謝し 
ミトコンドリアでエネルギーに変換します

vitb02

そうしたシステムが
体内のいたるところで 日々休むことなく行われています

このシステム

*糖質をグルコース・ピルビン酸に変換する解糖系

*脂質を脂肪酸に変換するβ酸化

*タンパク質をアミノ酸へ異化する系

によって  三大栄養素はアセチルCoAに変換され

crosstalk5

アセチルCoAは ミトコンドリアでTCA回路に入り
連続した反応により
電子伝達体のNADH・FADH2が生成され

電子伝達系はNADH・FADH2を使って呼吸鎖反応を行い
最終的にエネルギーのATPを産生します

ktd01

ビタミンはこうした連続した一連の反応の各所において
補酵素として働いて反応を円滑に進めているのです

ビタミンはたくさんの大切な働きを有していますが
極端なことを言うと このエネルギー産生への貢献が
いちばん重要かもしれません

特にビタミンB群の貢献は大きく
繰り返しになりますが 三大栄養素の代謝に深く関わっています

B1は 糖質担当
 解糖系で得られたピルビン酸をアセチルCoAに変換します

B2は 脂質担当
 β酸化で得られたアシルCoAをアセチルCoAに変換します

B5・パントテン酸は 三大栄養すべてに関わり
 CoAに変換され B1 B2と協力して
 三大栄養素のアセチルCoAへの変換を助けます

B7・ビオチンは 糖質 脂質担当
 糖質のアセチルCoAへの変換
 脂質の脂肪酸への分解 脂肪酸のβ酸化によるアセチルCoAへの変換
 を助けます

これらビタミンB群の働きにより
三大栄養素はアセチルCoAに変換され
TCA回路に入れるようになります

栄養素のエネルギー(ATP)への変換の
スタートが切られるわけです

vitb03

また上述したように

TCA回路では
電子伝達系で使われる電子伝達体の
NADH・FADH2が生成されますが

nadfad01

この電子伝達体のNADH・FADH2生成にも
ビタミンB群は関わり

B2は FADに変換され FADH2の基になります

B3・ナイアシンは NADに変換され
 NADHの基になります

vitb202

こうして 電子伝達系で
電子伝達体のNADH FADH2は呼吸鎖を形成する分子と
電子の受け渡し反応を連続して行い
その結果 最終的にエネルギー・ATPが産生されます

ddk01

一方でビタミンB群は
エネルギーのATPだけでなく
遺伝子のDNAの合成にも重要な役割を果たします

B12は 同じビタミンBメンバーであるB9・葉酸に働きかけ
 DNAを作るピリミジン塩基(シトシン・チミン・ウラシル)
 の合成を促進します

B9・葉酸
 上述したB12の作用によりピリミジン塩基に変換され
 さらに やはりDNAを作る核酸の原料となる
 プリン塩基(アデニン・グアニン)の合成を促進します

vitb1211

こうして生命現象の根源となるDNAの合成を助けます

さらに 体の構成成分であるタンパク質の合成にも関わり

B6
 食事で摂ったタンパク質をアミノ酸に分解し
 体内でアミノ酸からタンパク質を作るのを助けます

こうして作られたタンパク質は
さまざまな機能を発揮して生体の活動に貢献します

vitb608

つまり 
栄養素を代謝して 生体活動に不可欠なエネルギーを作り
そのエネルギーを用いて
遺伝子 細胞 タンパク質を作ることに
ビタミンはB群を中心にして大きく貢献しているわけで
ビタミンがなかったらヒトは成り立たないわけです

他にもビタミンは
抗酸化作用などさまざまな重要な働きをしています

ビタミンの重要性を理解していただけたでしょうか?

来週から
ビタミンと並ぶ重要な微量栄養素である
ミネラルの解説を始めます

 

高橋医院